ロボフォームを無料で使い続けるには?Ver8での有効期限通知への対処法

ロボフォームは新旧の情報が混在していて、無料で使えるのか有料なのかわからないという声をよく聞きます。

また、ロボフォーム7で買い切りライセンスを買ったのに、8にアップグレードすると有効期限は後〇日ですとの通知が出てくる現象も起こっています。

  • ライセンスが勝手に無効化された?
  • 期限切れになるともう使えない?
  • 試用版か?

と誤解されるケースがありそうなので、僕が調べたことをここに記しておきます。

これからロボフォームを使い始める人へ

これから使おうとする人は、最新バージョンの8にすると思います。

ロボフォームは7から8にアップグレードしたときにライセンス周りに変化があったのでこちらを。

関連記事

ロボフォームは7から8になって、内部的にかなり大きな変化がありました。これによりライセンス周りの全体像がつかめずに曖昧にしている人、オンラインアカウントにログインできなくなり別のソフトに乗り換えた人もいると思います。よくわからないま[…]

7使用者向け・ロボフォーム8におけるライセンス有効通知問題

7から8にアップグレードした人が遭遇する、有効なライセンスを買ったはずなのに有効期限通知されてしまう

という不可解でちょっと腹立たしい問題の原因・状況・対処は次の通り。

問題の原因

これはロボフォーム7から8になりライセンスが変わったことによっておこった問題です。

8からライセンス形態が変わり、

  • 7までの買い切りライセンスは無くなり
  • 同等の機能を持つロボフォームが無料プランとして提供されるように

なりました。その「無料プラン」にはフル機能(エブリウェア)を使える30日のお試し(エブリウェアの体験版=試用版)が付属しています。

 

今の状況

7から8にアップグレードしたことで、

  • 7の買い切りライセンスが8の無料版ライセンスに移行し
  • それと同時にフル機能の30日トライアルも付与された。

これが今の状況で、

有効期限通知は、このトライアルの残り期間に対してのお知らせです。

行う必要がある対処

特に何もしなくて構いません。

30日の有効期限終了後は「無料版ライセンス」扱いになります。8の無料版ライセンスはデスクトップ1台だけなら無期限にずっと使るライセンス。つまり7の買い切りライセンスと同等になるということです。今まで通りです。

まとめ

ロボフォームセブン(7)から8にアップグレードすることで起こる有効期限通知。これは、ライセンス形態が8で変わったことによっておこる現象。

7までの買い切りライセンス保持者は有効期限通知が来てもなにもしなくて構いません。

期限後も、ずっと使い続けることができます。

ただし・・・

30日間のトライアル中にフル機能(エブリウェアの機能)を使っていると、有効期限後は使えなくなります。

エブリウェアにはどんな機能があるのか? その一部を挙げると

  1. 手持ちのPCやスマホなど、すべてのデバイスでログイン帳が同期できる
  2. 24時間365日のサポートが付く
  3. 2段階認証でよりセキュアに使える
  4. 共有フォルダが使えて家族や友人と安全なデータ置き場が共有できる
  5. 緊急アクセス機能で、万一に備えることができる
  6. ブラウザからアクセスして情報の編集、追加ができる
  7. etc・・・

 

ロボフォームエブリウェアの機能についてはこちらで記載しています。ネット銀行やブログなど、あなたにとって非常に大事な情報をロボフォームで管理しているなら、あわせてご覧ください。

関連記事

ロボフォームには上位版のエブリウェアという製品があり、ロボフォームの欠点を補って完璧なパスワード管理環境を構築するのに大きな助けになります。この記事では、16年間ロボフォーム使っておりエブリウェア歴も5年を超えた僕が、エブリウェアに[…]

最新情報をチェックしよう!