ロボフォームを無料で使い続けるには-Ver8での有効期限通知への対処法

 ロボフォームを無料で使い続けるには-Ver8での有効期限通知への対処法

ロボフォームはネットで人気が無いのか古いバージョンの情報が紛れていることが多い。無料で使えるのか有料なのかわからないという書き込みも散見される。

また、ロボフォーム7で買い切りライセンスを買ったのに、8にアップグレードすると有効期限は後〇日ですとの通知が出てくる現象も起こっている。

  • ライセンスが勝手に無効化された?
  • 期限切れになるともう使えない?
  • 試用版か?

と混乱してしまうケースがありそうなので、調べたことをシェア。

これからロボフォームを使い始める人は問題ない

これから使おうとする人は最新バージョンの8になる。その場合はライセンス関連の通知はないので問題無し。

なお、ロボフォームは7から8にアップグレードしたときにあったライセンス周りに変化があった変化はこちら。

7使用者向け・ロボフォーム8のライセンス有効通知問題

7から8にアップグレードした人が遭遇する問題がある。有効なライセンスを買ったはずなのに有効期限通知されてしまうという現象。

問題の原因

これはロボフォーム7から8になりライセンスが変わったことによっておこった問題。

8からライセンス形態が変わり、下記の通りに変更された。

  • 7までの買い切りライセンスは無くなった
  • 同等の機能を持つロボフォームが無料プランとして提供されるようになった

その「無料プラン」はフル機能(エブリウェア)を使える30日のお試し(エブリウェアの体験版=試用版)が付属している。

状況

7から8にアップグレードしたことで、このようになっている

  • 7の買い切りライセンスが8の無料版ライセンスに移行し
  • それと同時にフル機能の30日トライアルも付与された。

これが今の状況で有効期限通知は、このトライアルの残り期間に対してのお知らせだということ。

必要アクションは特になし

これについて特に何かをする必要は無い。

30日の有効期限終了後は自動的に「無料版ライセンス」扱いになるため。8の無料版ライセンスはデスクトップ1台だけなら無期限にずっと使るライセンスで、つまりデバイス1台だけならずっとつかえる「7までの買い切りと同等」のライセンス。

デバイスを同期して使うならエブリウェアが必要で、紹介リンク経由だと双方に6か月分がプラスされるのでよかったらどうぞ。

まとめ

ロボフォームセブン(7)から8にアップグレードすることで起こる有効期限通知は、ライセンス形態が8で変わったことによっておこる現象。

7までの買い切りライセンス保持者は有効期限通知が来てもなにもしなくて構わない。期限後も、ずっと使い続けることができる。

ただし、フル機能を使用している場合は対処が必要で30日間のトライアル中にフル機能であるロボフォームエブリウェアの機能を使っているなら有効期限後はそれらは使えなくなる。

使い続けるには、エブリウェアを導入する必要がある

参考:ロボフォームエブリウェアの機能

導入するかのラインは、ネット銀行やブログのログインなどロボフォームで管理してるかどうか。しているならエブリウェアが十分ペイする。16年ほど使っているがセキュリティ事故も無く問題なく使えている。

QG50112989

たまにアウトプット中。SNSはほぼ放置。誤字脱字・お問い合せがあればこちらからサイト説明

2 Comments

  • 購入を3回したのですが返信がありません

    更新ライセンスの連絡をください(メールで)

    • ロボフォームを開発・販売している「サイバーシステムズ社」でないと正確なことがわからないので、サポートから問合せしてみてもらえますか?ロボフォーム担当者のサポートは的確なのですぐ解決すると思いますよ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください