NotionのLock(ロック)の仕様をチェックする

Notionでページの編集を不可能にする機能「Lock」機能について

Lockするとどうなるか

Lockはページ単位で編集の可否を切り替える機能。Lock中に出来なくなることには次のようなものがある

Lock中に出来ないこと

基本的にページの表示に影響を与えることが不可能になる。

Lock中はブロックの移動・編集・アイコン変更ができなくなる

左側はデフォルトのアンロック状態。+アイコンで直下にブロックの生成、6点リーダアイコンでブロックの設定、縦ラインを左右ドラッグでブロックの幅を変更できる。

右はLock状態。上記いずれの操作もできなくなる。

Lock前はブロックに対して操作が可能

Lock中だとブロックに対してのマウス操作が不可能になる

ページアイコン・カバー画像の変更ができなくなる

ページアイコンやページのカバー画像の変更も行えない。

データベースへの行追加・編集・設定変更ができなくなる

そのページにあるデータベースに対しても動作が制限される。NEWボタンでの行の追加や内容の編集、ソート、フィルタなどは行えない。

Lock中でも出来ること

ページの表示に影響を与えないことならLock中でも行える。

データベースのビュー切り替え

すでに設定されているビューを切り替えることはできる。これは作成者が意図した切り替え行為であるため。

データベースをページとして開く

そのデータベースをPageとしてOpenすることは可能。

データベースのエクスポート

データベースの中身をCSVやPDFなどでエクスポートできる。

ブロックの移動

ドラッグしてページ内で移動させることはできないが、ブロックを別ページにMoveさせたりページを別の階層へ移動させることはできた(できてしまった)。

結果的にそのページの中身を変更してしまうことになるが、現時点ではこれは許可された動作のようだ。

Lock-Un Lockでのデータベースメニューの違い

Lock前後で行えるデータベースの操作はこのように変わる。

Lock前はこれだけの操作が行える

Lock中は半分以上の操作が不可になる

Lockをするには

ページをLockするには、ページメニューのLock pageをクリック

ページ上部にLock中マークがグレイで表示される

Lockを外すには

Lock中のアイコンをクリック。グレイだった文字がブルーに変化しLock 解除状態になる。

この状態でRe-lockボタンを押すと再度Lockがかかる

Un-Lock状態(表示はRe-lock)でページを移動すると画面上部のLockアイコンが無くなる。再度LockするにはまたメニューからLock pageを行う必要がある。

0 Shares:

You May Also Like