RealVPN+Screenpressoでホットキーを変えてキャプチャ動作の対象PCを使い分ける方法

VPNソフトで別のPCを操作することがよくあり、テレワーク頻度が高くなってからその回数は増えている。

一例を挙げるとRealVPNというソフトウェアであるPCから別のPCを操作するとき、どちらのPCにも入っているScreenpressoでホットキーからスクリーンショットを取ろうとすると手前側(VPN接続元)のScreenpressoが起動することになる。VPN時におけるホットキーの優先度の違いが原因。

対処法はいくつかあるが主な2つを挙げると下記の通り

対処法

ホットキー以外から動作を行う

タスクトレイなどのアイコンをクリックして、キャプチャ>指定領域のスクリーンショットと進む。マウスクリックで動作を実行すればホットキーは関係なくなる。

ホットキーの割り当てを変える

ワークスペースの右上スパナマーク>設定のホットキーでホットキーを変更する。VPN先と元のホットキーを変えておけば競合することはない。

この場合、ホットキーが異なると勘違いや操作ミスが起こりやすくなるため、間違っても他の動作が起こらないようなホットキーにすると安全である。

0 Shares:

You May Also Like