Notionの『Guest(ゲスト)』が出来る事出来ないこと-機能メモ

Notionのゲスト招待単位

ゲストの扱いはソフトウェアによって結構異なる。Notionではどうなっているのか調べてみたメモ。

Notionでは、チームプランに加入するとワークスペースを共有して共同作業ができるが、加入者全員に8$/月~の費用がかかる。ゲストは自分の管理するページに外部ユーザーを招待して共同作業する機能で、無料から共同作業が可能。チームほどの自由度が必要ない場合に使われる。

ゲストは、ページ単位で招待する

Notionのゲストは、ページに対して外部ユーザーを招待することで行われる。招待はページ右側の「Share」ボタンから操作する。

下記のようにメンバーが羅列されているうち、Guestと表示されているのがゲストユーザー。

下位ページもアクセスできる

ゲストユーザーは、招待されたページの下位ページへもアクセスできるようになる。

アクセス権は複数設定可能

招待時にゲストにどのようなアクセス権を与えるか、ページのオーナーが決めることができる。アクセス権は後からも変更可能。

ゲストが出来ること出来ないこと

できる

  • ページオーナー同等の編集(アクセス権で許可されていれば)
  • ページオーナー同等の制限解放

できない

  • 新たなページの作成
  • ワークスペースの設定変更
  • Full access 編集、閲覧、コメント、他者の権限編集が行える
  • Can edit 編集、閲覧、コメントが行える
  • Can comment 閲覧、コメントが行える 
  • Can view ページの閲覧のみ行える

ゲストの価格

ゲストの招待は無料で行える。

有料プランだと招待できるゲスト数に制限はない。無料プランの場合は5人まで。

ゲストから見ると

複数ワークスペースの管理が必要

ゲストとして招待されると、招待してくれたユーザーごとにワークスペースが生成され、切り替えて使うことになる。

そのユーザーのプランはわからない

招待してくれたユーザーがどのようなプランなのか、ゲスト側からはわからない。

まとめ

Notionのゲストは他者と手軽にページを共有できるうえ費用も掛からず、使い勝手がいい。

ワークスペースやページの根幹にかかわる設定はできないが、使用に関してはほぼ制限がない。ITリテラシーがそこそこあるユーザー同士が共同作業をするならチームプランが使いやすく、簡易的な共有ならゲスト機能でも十分。

参考URL

https://www.notion.so/099c4594be6c47b089f7be5319890b92

https://biz-notion.northsand.co.jp/understand/6-6-

0 Shares:

You May Also Like