ロボフォームセブン(7)から8への大きな変更点4つ

ロボフォームは7から8になって、内部的にかなり大きな変化がありました。

これによりライセンス周りの全体像がつかめずに曖昧にしている人、オンラインアカウントにログインできなくなり別のソフトに乗り換えた人もいると思います。よくわからないままで7を使い続けている人、8にしたもののなんとなく使えているので良しとしている人もまだ大勢いるかもしれません。

しかし、マスターパスワードを忘れたりPCクラッシュしたりしたとき、仕組みやログイン方法が曖昧なままだとオンラインバンクに入れず振込や株取引ができなくなったり、SNSにログインできず友達と連絡する手段がなくなったりします。そうなってから慌てないように、曖昧な点はそのままにせず、スッキリさせておきましょう

僕自身、8へのアップグレード直後はよくわからない点が多々あり、何度もサポートに問い合わせるハメになりました。ロボフォームの公式ヘルプで調べたりサポートに聞いたことを、このページに記載しておきます。

ロボフォーム7から8になっての変更点

ロボフォームはバージョン7のセブンから8になって、このような点が大きく変わっています。(他にも細かい点はありそうなので、見つけ次第追記します)

  1. ライセンス形態
  2. オンラインアカウントの必須化
  3. マスタパスワードでのログインに変更
  4. データファイルの形態

 

上のライセンス形態から順に追っていくと

ライセンス形態がシンプルに

まず、ライセンスの形態が変更になっています。ロボフォーム7までは、有料版2つと無料版1つでした。無料版は機能が制限されたバージョンです。

ロボフォーム7以前

  • (有料)デスクトップ・買い切りライセンス
  • (有料)エブリウェア・年度更新ライセンス
  • (無料)機能制限版デスクトップ

 

ロボフォーム8からは、有料版1つ無料版1つとシンプルになりました。買い切りのデスクトップ版が無くなっていますが、これは「無料化された」ということです。

ロボフォーム8

  • (有料)エブリウェア・年度更新ライセンス
  • (無料)デスクトップ

この変更点はユーザーにとって歓迎すべきものです。デスクトップ1台でだけなら、無料でも使い続けられることになったからです。

インストール時にオンラインアカウント必須に

ロボフォームをインストールする際、オンラインアカウントを取得することが必須になりました。

なければインストールすらできません。アカウントの取得を要求されたら、素直に作成しましょう。

 

ログイン方法がマスタパスワードに変更

オンラインアカウントへのログイン方法も変更になっています。個人的にこれが一番ユーザーを混乱させたのではと思います。(僕もかなり焦りました)

ロボフォーム7以前

ユーザーID と パスワード でログインします。

ロボフォーム8

メールアドレス と マスタパスワード でログインします。

この変更によって、従来のユーザーIDとパスワードは使うシーンが無くなりました。

 

データファイルが1ファイルにまとまった

以前はログイン帳一つ一つが1ファイルとなっていました。ログイン帳が100件あれば、ファイルが100個です。また、そのバックアップファイルを開いて個別に確認することもできました。

ロボフォーム8からは、1ファイルにまとめられることになりました。個別にみることはできなくなったものの、これが本来のあり方でしょうから、まったく問題ないはずです。

また、公式ヘルプで言及↓されているように、ファイルサイズが1/10以下になっています。

ロボフォームセブンのデータは個別のファイルとして管理されていました。ファイル名は個別のログイン、アイデンティティ、メモの名称に対応しています。例えば Facebook.rfp は Facebookのログインを意味しています。

この構成の場合、1000個のログイン、100個の連絡先、50個のメモ、5個のアイデンティティがあると約5 MB の記憶領域が使用されます。

ロボフォーム8ではデータを単一の暗号化され圧縮されたファイル(OneFile)に管理しています: _user-data.rfo.

この構成の場合、1000個のログイン、100個の連絡先、50個のメモ、5個のアイデンティティがあると約300KB の記憶領域が使用されます。

 

ロボフォームのデータファイルの構造について

 

まとめ

ロボフォーム7から8への変更点の概要は下記の通りです。

  • デスクトップ単体でなら無料で使えるようになった
  • ロボフォームオンラインアカウントが必須になった(無料版を使うだけでも)
  • ログイン方法がマスタパスワードを使用するよう変更された
  • データファイルの形式が変わった

 

ほぼ、ユーザーにとって便利・利益になる変更です。あえて問題点を挙げるとするなら、無料版でもそれなりに使えるようになったためユーザーのすそ野が広がり、きちんとバックアップを取らないユーザーも増え、PCのクラッシュで全ログインデータを失う人が増える可能性がある、ということです。

 

絶対に失いたくないデータを持っていて、バックアップをきちんと取りつつそのデータを安全に隔離しておく自信がないなら、エブリウェアがおすすめです。

 

PCクラッシュしても安心感半端ないエブリウェアの詳細はこちら

ロボフォームエブリウェアの特徴・メリット・デメリット

関連記事

ロボフォームには上位版のエブリウェアという製品があり、ロボフォームの欠点を補って完璧なパスワード管理環境を構築するのに大きな助けになります。この記事では、16年間ロボフォーム使っておりエブリウェア歴も5年を超えた僕が、エブリウェアに[…]

最新情報をチェックしよう!