ロボフォームセブンからエイトへの大きな変更点(Ver7→Ver8)

 ロボフォームセブンからエイトへの大きな変更点(Ver7→Ver8)

ロボフォームは7から8になって、内部的にかなり大きな変化があった。

当初は不明点が多かったのでサポートに何度か問い合わせた。それらのまとめメモ。

ロボフォーム7から8になっての変更点

  1. ライセンス形態
  2. オンラインアカウントの必須化
  3. マスタパスワードでのログインに変更
  4. データファイルの形態

 

上のライセンス形態から順に追っていくと

ライセンス形態がシンプルになった

まず、ライセンスの形態が変更に。7までは有料版2つと無料版1つだった。

ロボフォーム7以前

  • (有料)デスクトップ・買い切りライセンス
  • (有料)エブリウェア・年度更新ライセンス
  • (無料)機能制限版デスクトップ

 

8からは、有料版1つ無料版1つとシンプルになった。買い切りのデスクトップ版が無くなっているが、これは「無料化された」ということ。

ロボフォーム8

  • (有料)エブリウェア・年度更新ライセンス
  • (無料)デスクトップ

つまり8からはデスクトップ1台でだけなら、無料でも使い続けられることになったということ。

インストール時にオンラインアカウント必須になった

ロボフォームをインストールする際、オンラインアカウントを取得することが必須になった。

なければインストールすらできない。

ログイン方法がマスタパスワードに変更

オンラインアカウントへのログイン方法も変更になっている。個人的にこれが一番ユーザーを混乱させたのでは?と感じる

ロボフォーム7以前

ユーザーID と パスワード でログインすうr。

ロボフォーム8

メールアドレス と マスタパスワード でログインする。

この変更によって、従来のユーザーIDとパスワードは使うシーンが無くなった。

 

データファイルが1ファイルにまとまった

以前はログイン帳一つ一つが1ファイルとなっていた。ログイン帳が100件あればファイルが100個。また、そのバックアップファイルを開いて個別に確認することもできた。

ロボフォーム8からは、1ファイルにまとめられることになり、個別にみることはできなくなった。

また、公式ヘルプで言及↓されているように、ファイルサイズが1/10以下になったらしい。

ロボフォームセブンのデータは個別のファイルとして管理されていました。ファイル名は個別のログイン、アイデンティティ、メモの名称に対応しています。例えば Facebook.rfp は Facebookのログインを意味しています。

この構成の場合、1000個のログイン、100個の連絡先、50個のメモ、5個のアイデンティティがあると約5 MB の記憶領域が使用されます。

ロボフォーム8ではデータを単一の暗号化され圧縮されたファイル(OneFile)に管理しています: _user-data.rfo.

この構成の場合、1000個のログイン、100個の連絡先、50個のメモ、5個のアイデンティティがあると約300KB の記憶領域が使用されます。

参考:ロボフォームのデータファイルの構造について

 

まとめ

ロボフォーム7から8への変更点の概要は下記の通り。

  • デスクトップ単体でなら無料で使えるようになった
  • ロボフォームオンラインアカウントが必須になった(無料版を使うだけでも)
  • ログイン方法がマスタパスワードを使用するよう変更された
  • データファイルの形式が変わった

 

ほぼユーザーにとって便利・利益になる変更。あえて問題点を上げるなら無料ユーザーが増えてPCクラッシュ・スマホ紛失で全データ失われるケースが多くなることぐらいか。

対処法は有料のエブリウェアにすること

ロボフォームエブリウェアの特徴・メリット・デメリット

QG

たまにアウトプット中。SNSはほぼ放置。誤字脱字・お問い合せがあればこちらからサイト説明

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください