【eDraw Max・infographic・MindMaster】安全・格安で手に入れる方法

この記事では、ブログやビジネスで特に効果大のアウトプットのためのツール3種、

  1. eDrawMax(Visio代替のフローチャート作成ソフト)
  2. infographick(インフォグラフィック作成ソフト)
  3. MindManager(マインドマップソフト)

これらの買い方と、安価で入手する方法とラインナップの全体像を紹介します。

今では社内業務にブログ画像作成にと手放すことができない「ここ1年で買ってよかったソフトBEST5」に確実に入るソフトになっていますが、ラインナップやライセンス周りがややこしくて僕は購入時にかなり迷いました。

そこさえ乗り越えれば非常に役立つソフトなのでおススメです。これらを買われる前には、ぜひご一読ください。

eDrawSoftwareの出しているソフトは数多い

開発元のeDrawSoftware社は軽く10以上のソフト・ツールを販売しています。メインとなるのはeDrawMaxを筆頭に下記の3種。

それぞれの概要をざっくり説明します。

ビジネスに役立つeDrawのソフト3種の違い

eDraw Max(ドローツール)

eDrawMaxの画面サンプル
eDrawMaxの画面サンプル

eDrawMaxはドローツールです。チャート、図形や設計図、マインドマップまで書くことができます。社内資料やブログ掲載用途、思考ツールとしては十分なものを持っています。eDrawsoftwareのメインアプリケーションです。

eDraw infographic(インフォグラフィックツール)

eDraw Infographicsの画面サンプル
eDraw Infographicsの画面サンプル

eDrawMaxよりもインフォグラフィック作成に特化したパッケージです。サンプルテンプレートも多く、ポスターやニュースレターにも適しています。日本語の2バイト文字にももちろん対応していますし、某ドローソフトのように勝手にフォントが切り替わってしまうこともありませんでした。

MindMaster(マインドマップ)

MindMasterの画面サンプル
MindMasterの画面サンプル

マインドマップに特化したソフトウェアです。実は、eDrawMaxでもマインドマップを書くことはできます。しかし役割は大きく違います。eDrawMaxのマインドマップはあくまでも「グラフィックとしてのマインドマップ」。ガントチャートも連携していませんし、考えた事を直観的にマインドマップに展開する操作性も劣ります。

  • マインドマップの図形を描くだけなら、eDRawMaxでも可能
  • マインドマップを使いこなすなら、MindManager

と覚えておいてください。マインドマップを図形として描くのではなく外部脳として使うならMindMasterは必要です。

参考:MindMasterを11ヵ月使ってみたレビューはこちら

関連記事

マインドマップのソフト『MindMaster(マインドマスター)』を毎日のように使って1年ほどになります。先日ちょうどバージョンアップして7.0になっていたので、新機能の紹介を兼ねて使い勝手を改めてレビューしてみます。結論か[…]

ライセンスの形態4種

これらのソフトは、4種類のライセンスがあります。

  • サブスクリプション(1年のみ使用可)
  • 永久ライセンス(買い切り アップグレード1年保証)
  • 永久ライセンス(買い切り アップグレード3年保証)
  • 生涯ライセンス(買い切り アップグレード一生涯保証)

それぞれを詳しく説明します。

サブスクリプション

1年のみ使用できるライセンス。とりあえず試してみたい人や、1年限定のプロジェクトなどにおススメ。インストールできるのはPC1台のみ。2年使うのであれば、次の永久ライセンスを購入したほうが得になります。

永久ライセンス(買い切り アップグレード1年保証)

永久に使える使用権をもつライセンスです。アップデートは購入から1年間保証されています。もっとも安価に買い切りできるライセンスです。これに対応しているのはMindMaster(マインドマップ)のみです。

永久ライセンス(買い切り アップグレード3年保証)

永久に使える使用権をもつライセンスです。アップデートは購入から3年間保証されています。しばらくの間アップデートをしたい場合にオススメできます

生涯ライセンス(買い切り アップグレード一生涯保証)

永久ライセンスと紛らわしい名前ですが、一生涯使えてアップデートも無期限のライセンス。追加費用無しで一生最新版を使い続けることができます。

ソフト×ライセンス全体図

ソフトの種類×ライセンス4種をマトリクスにするとこうなります。

UGはアップグレード保証の略。この期間はバージョンアップが無料です。

ソフト名サブスクリプション永久ライセンス(UG1年保証)永久ライセンス(UG3年保証)生涯ライセンス
eDrawMax(フロー図)eDrawMaxサブスク eDrawMax永久+UG3eDrawMax生涯ライセンス
infographick(グラフィック)infographickサブスク infographick永久+UG3infographick生涯ライセンス
MindManager(マインドマップ)MindMaster永久+UG1MindMaster永久+UG3MindMaster生涯ライセンス

バンドル版としてのまとめ買いはこうなります。バンドルのサブスクリプションライセンスを選んだときでも「MindMasterは1年経過後も使える」ということです。永久ライセンス、生涯ライセンスの場合は全ソフト無期限で使用できます。

ソフト名サブスク+永久UG1年(MindMaster)永久ライセンス+UG3年保証生涯ライセンス
3本バンドル(eDrawMax+infographick+MindManager)3本バンドルのサブスクリプション/MindMasterのみ買い切り+UG1年3本バンドルの永久ライセンス3本バンドルの生涯ライセンス

 

おススメのライセンス、選び方

何が必要か迷われたら、このようにして選んでみてください。

まず、目的から逆算して必要なソフトを選びます。

  • マインドマップだけでよい人は、MindManagerがおススメです。
  • 簡単な図形をブログや社内資料向けに作る人は、infographickがおススメです。
  • フローチャート図をブログや社内向けに作る人は、eDrawMaxがおススメです。
  • どれか2つ以上使う可能性があるなら、3本セットのバンドル版がお得です。(僕はこれを購入)

上記の通り3種3様の活用シーンがあるので、あとから1個ずつ買い足すよりもまとめ買いした方がコストも手間も少なくて済みます。

 

必要なソフトが分かれば、どれだけ使う予定かでライセンスを決めるだけです。

  • 1年だけでよいならサブスクリプション
  • 3年先はわからないなら永久ライセンス
  • 一生使うなら生涯ライセンス(僕はこのライセンス)

 

eDraw関連のソフト、日本人のユーザーは多くないので成果物をデータでやり取りする職種(プロのデザイナーなど)にはおススメできません。ですが、一人で考え、チャートを書いたりインフォグラフィック、プロセスマップを書いたりする知的労働者にならおススメできます。

買い切りで生涯費用がすごく安いというのも重要なポイント。Adobeやクラウドサービス企業に月額使用料を払う必要が無くなります。

最新情報をチェックしよう!