マインドマップソフト『MindMaster』1年経過レビュー-メリット・デメリット【マインドマスター】

マインドマップのソフト『MindMaster(マインドマスター)』を使い始めて1年。ほぼ毎日なんらかのマインドマップを書いたり修正したりしています。

先日ちょうどバージョンアップして7.0になっていたので、新機能の紹介を兼ねて使い勝手を改めてレビューしてみます。

結論から言うと、MindMasterの使い勝手について全然不満はありません。ほぼ毎日のように使うようになって手になじんできましたし、思考のアウトプット、情報のインプット時の全体像把握が超早くできるようになりました

MindMasterは武器になるソフトがほしいビジネスマン、ブロガー、頭脳労働者に特におすすめしたいソフトです。

もちろん日常使い用として買い忘れ防止メモや備忘録、家のリフォーム検討用など何にでも使えます。格安なので金銭負担が軽いのもGoodです。基本機能で事足りるなら無料版もありますので、ぜひ一度使ってみてください。

MindMasterとは-クロスプラットフォーム型マインドマップソフト

まず『MindMaster(マインドマスター)』とはどんな特徴をがあるのか?

最大の特徴はクロスプラットフォームの買い切り型マインドマップソフトだということです。WindowsでもMacでもLinuxでも利用できます。海外製品ですがメニューは日本語化されているし日本語入力もちゃんとできます。

MindMasterの仕様

ソフト名MindMaster(マインドマスター)
製造メーカーeDrawSoftware(香港)
現行バージョンWin/Mac7.0 Linux6.5(2019/6/10現在)
対応デバイスWindows(Vista,7,8,10 32bit/64bit),Mac,Linux,iphone,ipad,Android,WEBブラウザ
価格無料~ 高機能有料版あり(3パターンのライセンス方式、後で紹介)
WEBサイトhttps://www.edrawsoft.com/jp/mindmaster/

MindMasterは無料で使えるか?

MindMasterは永久無料で使い続けることが出来るフリーのマインドマップソフトです。

無料版でもマインドマップに関して多くの操作をすることができます。有料版で作成したファイルを無料版で開くこともできます。

買った後に合わなかったら困る、という人でもノーリスクで使えます。

(リンク先で「無料体験」をクリック)

Ver7.0での変更点・新機能

基本的な機能の前に、最近Ver7.0になったのでその変更点に少しだけ触れておきます。

Ver6.5→7.0で追加された新機能をざっくり挙げると、

  • 右クリックでタグが追加できるようになった
  • ノート(要素に追加できるテキスト)に書式含めてコピペ出来るようになった
  • テーマスタイルをカスタムできるようになった
  • テーマスタイルが追加された
  • ユーザーインターフェイスがリニューアルされた
  • クリップアートが増えた
  • サークルダイアグラムが使えるようになった
  • バブルダイアグラムが使えるようになった
  • セクターダイアグラムが使えるようになった

などなど・・・ セクターダイアグラムなんて聞いたことなかったです。チャートに見えますが実はこれはマインドマップで、どんどん放射線状にツリーを派生させていくことができます。同レベルの階層を増やせば、それに応じて全体幅が変わります。枝を広げてもマップサイズが広がりすぎないのも特にノートPCで使い勝手がよさそう。そのままプレゼン資料にもできそうです。

MindMasterのセクターダイアグラム
セクターダイアグラム

また、公式発表では見当たりませんが、次の点も改良されています。

  • Dropboxと連携した
  • クラウドサービスがAlibabaCloudからAWSに変更になった

AlibabaCloudは読み込みが遅くちょっと安定感に欠けるクラウドサービスだったので、この変更は大歓迎。Dropboxだと安定しています。ちなみに特に連携させなくても「データ保存場所をDropboxフォルダ内」にするだけでどこでもマインドマップが使えます。

 

では、次に基本機能です。

MindMasterの基本機能

シンプルにアイデアを整理できる

  • 知識を整理してアイデアを出し、構造化できる
  • 頭の中をクリアにしてより良いアイデアを出す助けになる
  • つくったマップは一覧性が高いので大事な部分が一瞬で思い出せる

どのマインドマップソフトでも共通の特徴だと思いますが、基本にして重要な部分です。MindMasterは操作感がよく、さくさくマップを作ることができます。

数多くのデバイスで使うことができる

MindMasterは、多くのデバイスをサポートしています。Windows(Vista,7,8,10 32bit/64bit),Mac,Linux,iphone,ipad,Android,WEBブラウザ など、大体何でも、どこでも使えます。ローカル版があるのでオフラインでも使えるのもうれしいところ。クラウドサービスが制限されている企業でも使うことができます。

※日本語版は、モバイル版(Androidやiphoneなど)がまだ開発中のようです。早ければ2019年秋ぐらいの予定とのこと。

デフォルト資料が豊富

22のレイアウト、33のものテーマがあります。これによってマインドマップを使うシーンごとに最適なパターンを使い分けできます。デザイン的に好みのものを見つけることも容易です。ブランチ(枝)が手書き風になっているのもあります。わざわざデザインに手間をかける必要が無く、利用者は思考とアウトプットに集中できます。

↓これはスタンダードなマインドマップ。

MindMasterのマインドマップテンプレートサンプル(スタンダード)
MindMasterのマインドマップテンプレートサンプル(スタンダード)

これはフィッシュボーン図です↓

MindMasterのマインドマップテンプレートサンプル(フィッシュボーン)
MindMasterのマインドマップテンプレートサンプル(フィッシュボーン)

クリップアートは700を超える数になりました。分類されているのですぐ見つけ出し、ドラッグして配置できます。AmazonやPaypalといったWEBサービスのアイコンも多数ありました。他の無料マインドマップはこの部分が貧弱で、どうしても見た目の訴求力が足りないマインドマップになってしまっていました。

これは意外と大きな問題で、「一目で概要を把握できるかどうか」に大きくかかわってくる部分なので700を超えるクリップアートというのは本当に大きなアドバンテージになります。

なお、クリップアートを使わず画像を直接はりつけたり自前で用意したアイコンを使うこともできます。

利用者同士でナレッジ共有

作成したマインドマップを、専用コミュニティでシェアできます。

今のところ日本時はほぼいないようなので僕は使っていませんが、参考にはなりそうです。

アイデア抽出に特化したブレストモード

アイデアをひたすら抽出するのがブレスト(ブレインストーミング)モード。

マインドマップ化すると、どのブランチにぶら下げるか、という点を考える必要があります。ブレストモードならそれさえ考えず、ひたすらに考え付くことを何も考えずそのまま出力していけます。

そして、出力した要素をドラッグ&ドロップでまとめてマップ化できます。

ブレストモードによって、マインドマップ構築のさらに前段階の作業も一つのソフトで完結できてしまいます。

プロジェクトマネジメント

MindMasterは、ガントチャートによるプロジェクトマネジメントができます。

MindMasterのガントチャート図
MindMasterのガントチャート図

マインドマップはアイデア抽出と思考を広げるのが得意なメソッド。細かなタスクとスケジューリングは苦手です。そんなときも、ガントチャートがあれば何をいつまでにやらなければならないか、一目瞭然。

マインドマップとガントチャートを連携するメリットを別記事で書いています

関連記事

マインドマップを使っていて思うのは「考えただけで満足することが多い」ということでした。僕は頻繁に「考えただけ状態」に陥ります。趣味であったり思考の整理ならそれでいいのですが、計画立案のマインドマップならそこからさらにスケジュールを立[…]

マインドマップでやることを全部出す→スケジュール化することができ、作業に漏れがないかいつまでかかるのか、工程に無理はないかが一目で把握でき、修正もあっという間に終わります。

トピックに付与できる情報が豊富

MindMasterでは、トピックに対していろいろな情報を付与することができます。

  1. 関連線
  2. 吹き出し
  3. 囲み
  4. 要約
  5. マーク
  6. クリップアート
  7. 画像
  8. ハイパーリンク
  9. 添付ファイル
  10. 注釈
  11. コメント
  12. タグ

トピックに情報を付与してみたところ▼ 内容は適当です。

MindMasterでトピックにアイコンを付与
MindMasterでトピックにアイコンを付与

僕はこの中ではマークと注釈を頻繁に使うのですが、注釈はかなり使いやすいので、ブログの下書きや情報の一時保存・整理にも活用できます。ちなみに右のピンマークで固定も可。

MindMasterでトピックの注釈をピン留め
MindMasterでトピックの注釈をピン留め

 

今後に期待の部分

MindMasterのデメリット、いまひとつ改善して欲しいところも、いくつかはあります。

同時起動が2台までに制限されている

MindMasterはローカルPCにインストールできるソフトウェアも提供されています。もちろん台数制限はあり、今のところ「2台まで」とされています。もっと詳しく言うなら「インストールは何台のPCにでも出来るが、有料版として起動設定できるのは2台まで」です。

3台目を有料版として起動するには、1台目か2台目を「無効化」する必要があります。1ボタンで行えるので大した手間ではないのですが、30日に1回しかその操作ができないので頻繁に切り替えながらたくさんのPCで使うということはできないようです(それを防ぐための30日制限)。

PC1台にしかインストールできないソフトも多い中、2台まで許可されていて切り替え操作も簡単。それだけでも十分ありがたいですが、できれば台数を増やすオプションなどがあるともっと便利になりそうです。

2台制限はあくまでインストール版の起動制限。ブラウザで使うなら無制限です。

まだ使えないデバイスがある

基本機能の項目でも書きましたが、日本語版ではまだリリース前の機能があります。そのうちの一つがモバイルアプリ。モバイルで見るにはWEB版を使うか、出力してDropBoxやGoogleDriveに保存する必要があります。

これは今開発中のようで、早ければ今年の秋頃リリース。楽しみに待ちましょう。

日本語訳が完ぺきではない

完全な和製ソフトというわけでないので、ときおり不思議な翻訳があります。

たとえば、

  • バージョン → パッション
MindMasterのバージョン確認画面
パッションは最新

でもサポートがすごく親切で頑張ってくれていますし、日本語で質問して日本語で回答してもらえます。メニューも日本語化されていてまったく問題なく使えるレベル。そのうえ日本語のPDFマニュアル(!)もあります。

 

ちなみに日本語ブログも完備。ファンシーさんという方がはてなブログでやっているので、ぜひ。

http://edrawfancy.hatenablog.com/

MindMasterのよいところ

stevepb / Pixabay

良いところはいくつもあります。高機能・デザインが良い・動作が速い…etc。その中でも他のマインドマップソフトと比べて特に良いと思うのは次の3つです。

バージョンアップが頻繁にある

僕が買ったとき6.5で今は7.0。順調バージョンアップされていて、機能拡充とバグフィックスが進められています。軽微な変更で「バージョンアップしました」と言い切るメーカーも多い中、MindMasterは実用的な機能を追加し続けています

この記事の冒頭で書いた「Ver6.5→7への変更点」は下記の通り。操作が簡略化されたり、使える幅が広がったりです。クリップアートやテーマなんかは使ってる人すべてにプラスの要素ですね。

  • 右クリックでタグが追加できるようになった
  • ノート(要素に追加できるテキスト)に書式含めてコピペ出来るようになった
  • テーマスタイルをカスタムできるようになった
  • テーマスタイルが追加された
  • ユーザーインターフェイスがリニューアルされた
  • クリップアートが増えた
  • サークルダイアグラムが使えるようになった
  • バブルダイアグラムが使えるようになった
  • セクターダイアグラムが使えるようになった

なお、Ver7.0という点からわかる通りMindMasterは長期間開発され続けています。総ダウンロード数は900万に達するそうです。

買い切りソフトなので自分が『所有』できる

サブスクリプションはどれだけ支払い続けても使用権を借りているだけですが、MindMasterは1回の購入でソフトを自分の所有物にできます。

もちろん買い切ることにはコスト的にも大きなメリットがあります。個人的に、できる限り月額コストは少なくしたいと思っています。他のマインドマップソフトだと、無料版では機能が物足りず、有料版は毎月払い・・・というのがネックでした。使わない月も支払いするのがもやもやしますし、年間通すとかなり高コストになったりするからです。

これだとビジネスで使うなど絶対元が取れるという人以外はかなり躊躇いますよね。一方、MindMasterは買い切り型のソフトなので今後ずっと使えますし、途中で何年か使わない期間があってもストレスがかかりません。

他のソフトに比べて抜群に安価

僕はMindMasterを使う前も使い始めた後も、他のソフトを数多く試しています。

参考:マインドマップ作成ツール14選比較

 

それを踏まえてもMindMasterはコスパが良いです。買い切りなので多少高くても仕方がないとは思うものの、やはりリーズナブルであればありがたいのは確か。

MindMasterは、そもそもの価格が安いです。

たとえば有名ソフトのXmindProは¥12.799でアップグレード保証無し(有料になる)ですが、

  • MindMasterなら3年間のアップグレード保証付き買い切りで$99(バンドル版ならさらに安く$59.5)
  • 一生涯のアップグレード付きでも$145(バンドル版ならたった$87)

です。これさえ買えば、もう一生マインドマップソフトに頭を悩ませることが無くなります。常に最新版を手元に置いておくことができます。

どちらを買ってもずっと使い続けられますが、バージョンアップが多いので一生涯のほうがトクになるだろうと考え僕は一生涯のアップグレード付きバンドル版($87)を即買いしました。

バンドル版とは、eDrawSoftwareが販売する他の2ソフトとの同時購入。これもアウトプットに超役立ちます。

MindMasterを1年使った使用感まとめ

MindMaster(マインドマスター)はベーシックな操作感をもちつつ高機能なマインドマップソフトウェア。オフラインでも使えて高速動作し、精力的にアップデートも行われています。

この1年の間になんどかヘルプしてもらいましたが、サポートの方も親切で使い方に迷うことはほとんどなかったです(ファンシーさんでした)。

格安で一生涯のバージョンアップ付きライセンスがあるため、他のソフトにふらふら浮気してスイッチングコストをかけてしまうという愚行も侵さなくてすみそうです。

こんな人に特におススメ

MindMasterは、こんな人に特におススメできます。

読書のメモから、旅行計画、将来設計など考えないといけないことが多く忙しい現代人に。

ビジネス使うならブレスト、他者とのコラボや事業計画を立てる人、WEBで情報発信しているブロガーやアフィリエイター。ライバルより短時間でハイクオリティなアウトプットができれば、より高い成果を上げて成功に近づくことができます。

マインドマップでブログカテゴリ構成をしたところ
マインドマップでブログカテゴリ構成をしたところ

このブログのカテゴリ構成や役割もMindMasterで作成しました。これを基にしてブログを構築していけば内容で迷ったり記事を書く手が止まったりすることはほとんど無くなり、作業が格段にはかどっています。

MindMasterを手に入れる方法

無料版で試す方法

いきなり買って合わなかったら困る、という人はノーリスクな無料版からまず始めてみて下さい。

(リンク先で「無料体験」をクリック)

高機能な有料版を手に入れる

eDrawSoftwareではこの記事で紹介したMindMaster以外にもeDrawMax(ドローツール)とeDrawInfo(インフォグラフィック)その他のラインナップがあります。

ライセンス関係に関して整理した記録はこちら▼

関連記事

この記事では、アウトプットのためのツール3種 eDrawMax(Visio代替のフローチャート作成ソフト) infographick(インフォグラフィック作成ソフト) MindManager(マインドマップソフト)[…]

MindMasterだけ必要なら▼

★MindMaster→ https://www.edrawsoft.com/jp/mindmaster/

 

フロ―チャート図・作図ソフトも必要なら▼

同メーカーのソフトにご興味があれば、こちらもどうぞ(僕は両方持ってます!)

これら2本と合わせて買うと、ただでさえ安価なのがさらにディスカウントされます。

一番割安な3ソフトバンドル版生涯ライセンスを買うなら下記のリンクからまとめてカートに入れられます。

eDrawSoftのものは良いソフトなのですが、買い方がめんどうだったので直接リンクを作りました。もしよかったら使ってください。

※1クリックで注文になることはありません。価格確認のためにもこの↑リンクが使えます

 

 

最新情報をチェックしよう!