マインドマップを超明快にする3要素『関連線・囲み・要約』機能解説【MindMaster】

マインドマップソフト『MindMaster』の機能、『関連線』『囲み』『要約』をピックアップして紹介します。(MindMasterとは)

関連線』『囲み』『要約』は、マインドマップにおけるトピック同士の関連性を明確にするための機能。関連性を明確にすることによってマインドマップを「わかりやすさ」の底上げ効果があります。こういったことはExcelなどでは不可能で、マインドマップ最大の利点ともいえる特徴です。

関連線』『囲み』『要約』のうち、まずは関連線から順に機能紹介していきます。

関連線 - トピック間の関係を明確にする

関連線はトピックとトピックを線でつないで、2者間でどんな関係を持っているかを示すためのものです。

関連線の作成方法と特徴

適当につくったサンプルですみませんが、最上部のサブトピックから最右のサブトピックまで関連線を伸ばしてみました。

関連線の作り方は2つあって、トピックを選択しメニューのボタンを押す方法ボタンを押してからトピックを選択する方法です。順序が逆なだけでどちらでも大差ありません。

どちらの方法でも、その後に選んだ関連先のトピックまでの関連線(矢印付きの点線)が引かれます。

関連線の角度は変えられる

この関連線、作られた直後は他のトピックに重なって見づらいことがあります。下記の例では最上段のサブトピックの下にあるトピックに、関連線が重なっています。

関連線はベジェ曲線なので、始点と終点から出ているバーの角度と長さを変えることで、関連線の角度を微調整することができます。マインドマップの他の要素の邪魔にならないように自由に調整が可能。

調整後はこうなりました▼

関連線にはラベルを付けることが出来る

下記の「関連があるよ」がこのラベル部分にあたります。

関連線昨日は、線上にラベルを付けることで、トピック同士にどんな関係があるのか明示できます。上記の画像は例なので適当ですが、たとえばどんな意味を持つトピックなのかいつ作業が行われるのか人物同士の関係性がどういったものなのか、などを関連線は表すことができます。

関連先トピックが無いところをクリックするとフローティングトピックが作られる

下記は最下段のサブトピックから何もないところへ関連線を伸ばし、フローティングトピックを作ったところです。画像下のピンク色がフローティングトピックという、どこにも属していないトピックになります。

これが何の役に立つかというと、そのフローティングトピックを起点としてさらにマインドマップが作れるということです。マインドマップを複数作り、関連させることがスムーズに行えます。

関連線の角度、スタイル、色や太さはかなり柔軟に設定が可能。ラベルの位置も関連線に沿わせたり横書きにしたりと分かりやすい形の表示ができます。関連線の矢印も下記の通りいろんな形が用意されています▼

囲み - 同一グループのトピックを線で囲む

次は『囲み』です。囲みはその名の通り同じグループのトピックをまとめて囲み、同一グループであることを明示する機能です。

試しにやってみます▼

トピックを1個選択して囲みボタンをクリックすると、そのトピック以下のサブトピックすべてが囲まれます。

この3つのトピックを選択して囲みボタンを押すと・・・

選択したトピックが『囲まれ』ます。

囲みは結構自由な使い方ができます。たとえば囲みの中に囲みを作ることも▼

囲みの階層を増やすことも楽にできます。下記は3階層に囲んだところ▼

これによって、複数のトピックが同じグループにあるということを一瞬で理解できるマップが作れます。

もちろん、この囲みのデザインも変更可能。色、線色、形状、影、線の太さと直線破線などです。

要約 - トピックのまとまりに対して注釈をつける

この記事最後は『要約』についての解説です。要約とは「論旨や要点を短くまとめて表すこと」です。

MindMasterでの要約機能も、選択したトピック全体にかかわる要約を書き入れるための機能です。

手書きのメモではよくやる書き方ですよね?「 }」形をした記号を表示します。

要約の例▼ ある要約を別の要約が内包することもできます。下記は要約を2か所設定しました。

また、要約内トピックにサブトピックを作っても要約が崩れることはありません。もちろん「要約」というテキストは変更できますのでご安心ください。

要約のパーツに関してもデザインの自由度は高いです。}マークと要約テキストそれぞれについて色や形状を変えられます。また、下記のように }マークだけにすることも可能

下記はアルコールの分類をしてみたマインドマップです。このように要約の階層構造化もできますし、要約に対して吹き出しを付けて補足することも可能です。

まとめ

マインドマップで関連線、囲み、要約といった機能を使うと、トピック間の関係が一瞬で明らかになる図を作ることができます。マインドマップの利点である「一目瞭然さ」を加速させることになり、自分で見返したときにも相手にプレゼンするときにもはるかに分かりやすいものになります。

文字を読むより図形を認識するほうが圧倒的に楽ですよね?せっかくマインドマップを書くのであれば最大限に分かりやすくしたものにしましょう。

なお、この記事での使用ソフトはMindMasterです。ソフトによってはこれら機能が無かったり仕様が異なったりするかもしれません。

関連記事

マインドマップのソフト『MindMaster(マインドマスター)』を毎日のように使って1年ほどになります。先日ちょうどバージョンアップして7.0になっていたので、新機能の紹介を兼ねて使い勝手を改めてレビューしてみます。結論か[…]

最新情報をチェックしよう!