マインドマップの情報量を各段にUPさせる『添付ファイル・ハイパーリンク』機能解説【MindMaster】

 マインドマップの情報量を各段にUPさせる『添付ファイル・ハイパーリンク』機能解説【MindMaster】

マインドマップソフト『MindMaster』の機能、『添付ファイル』『ハイパーリンク』のピックアップ紹介。

これらはトピックに外部要素を付加する機能のひとつ。

トピックとはマインドマップの枝でつながった項目のこと。トピックに要素を加えることで、マインドマップの情報量や表現力を増すことができる。

添付ファイル』『ハイパーリンク』と2つあるうち、まずは添付ファイルから順に機能紹介をば。

マインドマップに添付ファイルを付加する

たいていのマインドマップソフトウェアはある程度表現力を持っているもの。ここでいう表現力とは、そのマインドマップの見た目をわかりやすくする機能や、より多くの情報をマインドマップに与える機能のこと。

添付ファイルを付けられる機能は後者で、添付によってより多くの情報をマインドマップに与えることができる。また、マインドマップを起点とするファイル整理に使うことも可能になる。

添付ファイルを追加するメリットデメリット

マインドマップで管理できない形式のファイルを添付でき、クリックで開ける(別のアプリで)というのが添付ファイルのメリット。

マインドマップでは管理できないか向いていない形式のファイルは、いろいろとある。WordやExcelといった仕事の資料、フォトショップやイラストレーターなどのクリエイティブなファイル、マイナーなソフトウェアで作ったファイルなど。

こういったものを添付ファイルとして付加するとマインドマップで多様な形式を管理できて便利だ。

 

添付ファイルを追加する方法

トピックを選択し、メニューバーの「添付ファイル」をクリックすると下記のダイアログが開く。

ファイル名に名称を、パスにファイルのパスを入れてOKクリックで添付もできるが、パスの横のフォルダアイコンでファイルを選ぶだけでファイル名とパスが自動的に入るのでこちらのほうが簡単かな。

MindMasterで添付ファイル追加のダイアログを開いているキャプチャ
添付ファイルを追加するダイアログ

添付ファイルをつけたトピックは、下記のようにクリップマークが付く。これは添付ファイルの種類に関係なくクリップマークで統一されてる。

ただし、クリップマークにマウスを乗せると現れる「添付されたファイル」はその拡張子にあったアイコンが表示されるようだ。

MindMasterで添付ファイルのアイコンにマウスを乗せたところ

添付ファイルのクリップマークをクリックすると再度「添付ファイルのダイアログ」が開いて再編集可能になる。クリップマークにマウスを乗せて現れるファイル自体をクリックすると、そのファイルが開く。

なお、ひとつのトピックに付けられる添付ファイルに制限は無いようで、異なるファイル形式のファイルでも添付できた。

MindMasterで添付ファイルアイコンにマウスを乗せ2件のファイル名が表示されている

また、トピック以外の要素にも添付ファイルは付けらる。中心トピックや『要約』にも添付できるが囲み線や関連線には無理だった。

MindMaster要約や中心トピックにもファイル添付が出来る

マインドマップにハイパーリンクを付加する

もう「ハイパーリンク」ではなく単に「リンク」と言うだろうが、MindMasterではハイパーリンクと呼ばれている機能なのでこの記事でもハイパーリンクと呼ぶことにする。

ハイパーリンクを追加するメリット

MindMasterのハイパーリンクは、基本的にパス情報のみを保存する。そのためファイルサイズを過剰に増加させることはない。また、WEBページ以外にもリンク先を設定することができる。

MindMasterで付加できるハイパーリンクの種類は下記の4つ。

ハイパーリンク4種類

現在のドキュメント

MindMasterで現在のドキュメントに対してハイパーリンクを設定する
現在のドキュメントに対してハイパーリンクを設定する

今開いているマインドマップのトピックに対してリンクを張ることができる。例えマインドマップが1画面に収まらないサイズになったとしても目的のトピックへ1クリックで飛んでいける。

ファイルまたはアプリ

MindMasterでファイルやアプリのパスにハイパーリンクを設定する
ファイルやアプリのパスにハイパーリンクを設定する

外部ファイルやアプリに対してリンクを貼ることができる。OSレベル制御ではないのでリンク先のファイルが移動すればリンクが切れるが、『添付』と違ってマインドマップのファイルサイズが肥大化しないのがメリット。

インターネットアドレス

MindMasterでインターネットアドレスにハイパーリンクを設定する
インターネットアドレスにハイパーリンクを設定する

WEBページに対してリンクを貼れる。これによってマインドマップをお気に入り管理のように使ったり、ブログの設計をしつつページに対してリンクしたりといった使い方ができるようになる。

フォルダ

MindMasterでフォルダにハイパーリンクを設定する
フォルダにハイパーリンクを設定する

MindMasterではフォルダに対してもリンクを貼ることが出来る(便利!)。クリックでそのフォルダが開けるので、この1つのリンクで複数ファイルを紐づけたのと同じことになる。

ハイパーリンクは複数貼れる

こちらも添付ファイルと同様、複数のハイパーリンクを付け加えることができ、種類が違っていてもOK。

MindMasterでハイパーリンクを複数設定したところ
ハイパーリンクを複数設定したところ

 

まとめ

マインドマップで添付ファイル・ハイパーリンクといった機能を使うと、マインドマップに収めることが出来る情報量が圧倒的に増加する。マインドマップ単体では不可能な機能をインターネットを活用して付け加えるとも言えマインドマップを起点に情報を整理するツールとしても使えるようになる。

表現力と情報量をアップさせ、マインドマップを一気に情報管理ツールにも格上げする添付ファイルとハイパーリンク。

マインドマップの利用価値が何倍にもなるのでぜひ活用したいところ。

※この記事で使用したソフトはMindMaster

QG

たまにアウトプット中。SNSはほぼ放置。誤字脱字・お問い合せがあればこちらからサイト説明

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください