マインドマップに+αの情報を与える『吹き出し・注釈・コメント』機能解説【MindMaster】

マインドマップソフト『MindMaster』の機能、『吹き出し』『注釈』『コメント』をピックアップして紹介します。(MindMasterとは)

吹き出し』『注釈』『コメント』はいずれもトピックにテキスト付加するための機能です。

トピックとはマインドマップの枝でつながった項目のこと。トピックは長くても10文字程度に抑える必要があります。マインドマップは感覚的に枝を伸ばしていき、一目でわかる全体像を作れることがメリットなのに説明的な長文があるととても見づらくなってしまうからです。

しかし、ときには集めた情報や気づいたメモを特定のトピックに結びつけて残したいシーンも出てきます。そんなときはトピックに「吹き出し・注釈・コメント」機能を使って情報を加えることで、マインドマップの見やすさと情報の一元管理を両立させることができます。

では、『吹き出し』『注釈』『コメント』のうち、まずは吹き出しファイルから順に機能紹介していきます。

マインドマップに吹き出しを追加する

吹き出しとは、特定のトピックに対しての補足情報です。

マインドマップ上に常時表示されるという特徴を持ちます。サブトピックに吹き出しを表示しました。もちろん吹き出しの文字や線色といったデザインは変更できます。

MindMasterの吹き出し
MindMasterの吹き出し

吹き出しに吹き出しを重ねることもできます。

MindMasterの吹き出しにも吹き出しが付けられる
MindMasterの吹き出しにも吹き出しが付けられる

MindMasterの『吹き出し』はかなり自由度が高い要素です。下記のように『関連線・囲み・要約』をつけたり、『添付ファイル・ハイパーリンク』、それからこの記事で解説している『注釈・コメント』を加えることもできます。

MindMasterの吹き出しには補足情報を追加
MindMasterの吹き出しには補足情報を追加

吹き出しを追加/削除するには

吹き出しは右クリックで開くメニューから削除することができます。

マインドマップに注釈を追加する

注釈は特定のトピックにくっつけるノートのページのようなものです。

下記のようにエディタを使って書き込むことができます。

MindMasterの注釈ダイアログ
MindMasterの注釈ダイアログ

ワープロソフトは及びませんが、必要十分な装飾を行うこともできます。

MindMasterの注釈ダイアログには装飾テキストも可能
MindMasterの注釈ダイアログには装飾テキストも可能

注釈はノート型のアイコンにマウスを乗せるとポップアップして表示されます。

注釈をマウスオーバーで表示させる
注釈をマウスオーバーで表示させる

右上のピンマークをクリックすると、ピン留めできます。ピン留めした注釈はマウスを離しても表示されたままになります。

MindMasterの注釈はピン止めできる
MindMasterの注釈はピン止めできる

注釈は吹き出しと異なり、常に表示されているわけではありません。ピン留めした場合のみ常時表示になります。ノートマークにマウスを乗せるとポップアップで表示され、クリックすると編集。

この点を活かして、長文を入れてもマインドマップをごちゃごちゃさせないというメリットが注釈にはあります。

  • 常に表示させたい補足→吹き出し
  • 必要な時だけ見たい情報→注釈

と使い分けるとよいと思います。

ちなみに僕は注釈の使用頻度が高く、トピックの7割がたに注釈がついています。

注釈を追加/削除するには

注釈のノートアイコンを右クリック→削除で注釈を削除できまs。

マインドマップにコメントを追加する

コメントは、書き込みを時系列にならべて表示する機能です。LINEのタイムラインのようなものです。

MindMasterのコメント機能入力画面
MindMasterのコメント機能入力画面

コメントを付けたトピックはコメントアイコンが付きます。マウスを乗せると登録日とともにポップアップで表示されます。

コメントの表示
コメントはアイコンにマウスを乗せると表示される

コメントが複数になると、新しいもコメントが上になるように並んで表示されます。

コメントが連続しているならすべて表示
コメントが連続しているならすべて表示

なお、コメント挿入画面でも「今までのコメント」が表示されていてわかりやすくなっています。ここから過去のコメントの修正や削除も行えます。

コメント追加画面
コメント追加画面

コメントはひと言ぐらいしいか書くスペースがありません。行った変更や作業のメモとして使うのが向いていると思います。マインドマップを共有している場合は、複数人でトピックにコメントしていくという使い方も。

ただしMindMasterのマインドマップはあまり共有に向いていないと思います。有料ですがAYOAといった製品ならコラボレーション型マインドマップとして使いやすそうです(未使用)。もしくは素直にAsanaなどのタスク管理システムを使いましょう。

Ayoaの機能
AyoaWEBサイト https://www.ayoa.com/why-ayoa/より

コメントを追加/削除するには

コメントアイコンクリックで開くコメント挿入画面でひとつひとつ削除ができます。

コメントアイコンを右クリック→削除とすると、そのトピックのすべてのコメントが一度に削除されます。

まとめ

吹き出し、注釈、コメントはマインドマップ上で考えを煮詰めたり補足情報を書き入れたり作業記録をとったりと便利な機能です。

  • 吹き出しは常時表示させておくひとこと補足に
  • 注釈は吹き出し以上になる内容に
  • コメントは時系列に残すメモとして

と、それぞれ使い道があります。

この記事での使用ソフトはMindMasterです。ソフトによってはこれら機能が無かったり仕様が異なったりするかもしれませんので、買われる場合は要確認です。

関連記事

マインドマップのソフト『MindMaster(マインドマスター)』を使い始めて1年。ほぼ毎日なんらかのマインドマップを書いたり修正したりしています。先日ちょうどバージョンアップして7.0になっていたので、新機能の紹介を兼ねて使い勝手[…]

最新情報をチェックしよう!