インフォグラフィックソフト「eDraw Infographics」使って1年経ったのでレビュー

 インフォグラフィックソフト「eDraw Infographics」使って1年経ったのでレビュー

eDrawSoftWare社の『eDraw Infographics(イードローインフォグラフィックス)』を使い始めて1年ほどが経過。

今では日常生活や仕事用の説明用図形の多くをこのソフトで作るようになった。

使用から1年ほど経って、メリットデメリットが分かってきたのであらためて振り返りとシェア。

eDraw Infographicsはどんなソフトか

Infographicsはその名の通り、何かを伝えたいときにチャートやグラフ、イラストを駆使して理解させることができる「インフォグラフィック」を作るためのソフトウェア。

UIはこのような▼

eDraw Infographicsのイメージ

テーマ機能でソフト自体の見た目を変えることができ、作成物の邪魔にならないようにできます。下記はダーク系テーマ。

eDraw Infographicsのダークテーマイメージ

写真も問題なく扱える。写真に既成アイコンを 組み合わせてササっと成果物を完成。

eDraw Infographicsの写真追加イメージ

 

数多くのテンプレート、大量のアイコン

eDraw Infographicsのテンプレートイメージ

70~90種類のテンプレートがあり、ここから内容を入れ替えるだけで作業が完了する手早さもある。

アイコンはもう数えるのも面倒なほど大量にある。インフォグラフィックはアートじゃないのでいちから素材を作る必要が無いのは助かる。

また、ソフトの使い勝手・メニューの配置や大きさ・動作速度も良好。最新のおしゃれな操作感ではないもののオフィスソフトぽい古き良さ・わかりやすさがあってクセが無いので迷わない。

eDraw Infographicsのエクスポート画面

保存形式は上記のとおり。上から2行目のPDはおそらくPDFの間違いだと思います。eDrawは翻訳を頑張っているもののまれにこういう翻訳漏れがあるようです。

  • 画像、
  • PDF、EPS、FPS
  • Office形式(Word、PowerPoint、Excel)
  • html
  • SVG

こういった様な使い方ができる形式での保存ができる。

価格とライセンス

Infographicsは買い切りソフトで1年のサブスクもある。

けどサブスクに特にメリットはないので3年アップデート付き買い切り、もしくあは生涯アップデート付き買い切りがおすすめ。生涯アップデートでも1万円台と安価。

他ソフトとの比較

Infographics競合となりえるソフトの例

Canva

Canvaは誰でもおしゃれなものが出来るWEBベースのグラフィックツール。無料でも一部機能が使え、月額980円のプロ版だと使える機能が増加する。手軽さと成果物のおしゃれさは群を抜いている。一方、毎月のコストをどうとらえるか。

また、簡単に使えるので身にならずスキルが蓄積されないのが痛い。しかもサービス終了したら作ったものはそれまでという危険性もある。jpegやPNG形式の成果物は残っても再編集ができないのはどうにも・・・。

Adobe InDesign

Adobe InDesignは高機能なパブリッシングソフト。DTPソフトで高いシェアを持つが、サブスクリプションの使用料は必要。ライトユーザーがそこまで費用と学習コストをかけてペイするのかという懸念がある。

Infographicsのメリットデメリット

Infographicsのデメリット

Infographics最大のデメリットはマイナーであること。編集中のデータそのままを受け渡ししづらく、たまたま同じソフトを持っていることは期待できない。個人使用で完結するブロガーや業務用途の成果物作成ならなんの問題もない。

次のデメリットはWEBで情報が少ないこと。ただこちらも難易度が高いソフトではないから特に問題ないかな。

Infographicsのメリット

メリットとしては、簡単に使えること

存のテンプレートとアイコンが多いのでほぼ「応用と組み合わせ」で何とかなる点。

価格の安さと買い切りであるコスパの良さ。買い切りなうえ一生涯アップデート使える買い方もでき、非常にローコスト。
万が一eDraw社がつぶれてもソフトはそのまま使い続けられます。「倒産&OSのバージョンアップで不具合が出た時」が実質の期限になるがWin/Mac/Linuxと対応プラットフォームが多いのでまあどれかは使えるだろうと。

 

導入方法

eDrawSoftWareのメイン3種のうちひとつがこのInfographics。これだけが必要なら、サブスク買い切り3年保証買い切り生涯保証の3種がある。

他ソフトと合わせたバンドル版だと3~4割引きになるので必要性によってはこちらもよい選択肢になる。(ちなみに私はバンドル版買った)

eDrawソフトマトリクス図▼ UGはアップグレード保証の略。この期間はバージョンアップが無料。

ソフト名 サブスクリプション 永久ライセンス(UG1年保証) 永久ライセンス(UG3年保証) 生涯ライセンス
eDrawMax(フロー図) eDrawMaxサブスク eDrawMax永久+UG3 eDrawMax生涯ライセンス
infographics(グラフィック) infographickサブスク infographick永久+UG3 infographick生涯ライセンス
MindManager(マインドマップ) MindMaster永久+UG1 MindMaster永久+UG3 MindMaster生涯ライセンス

バンドル版としてのまとめ買いはこう。

バンドルのサブスクリプションライセンスを選んだときでも「MindMaster(マインドマップソフト)は1年経過後も使える」ということ。利用者に特にデメリットはなく、永久ライセンス、生涯ライセンスの場合は全ソフト無期限で使用でるきる

ソフト名 サブスク+永久UG1年(MindMaster) 永久ライセンス+UG3年保証 生涯ライセンス
3本バンドル(eDrawMax+infographick+MindManager) 3本バンドルのサブスクリプション/MindMasterのみ買い切り+UG1年 3本バンドルの永久ライセンス 3本バンドルの生涯ライセンス(おすすめ)

おススメのライセンス、選び方

何が必要か迷ったら、安さで選ぶのもひとつの手。

QG50112989

たまにアウトプット中。SNSはほぼ放置。誤字脱字・お問い合せがあればこちらからサイト説明

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください