【Xmind(エックスマインド)】レビュー-無料版あり・利用者多数の有名マインドマップソフト

 【Xmind(エックスマインド)】レビュー-無料版あり・利用者多数の有名マインドマップソフト

『Xmind』(エックスマインド)を使ってみたので使用感をシェア。

Xmindは無料で使用できる機能の範囲が広く、マインドマップのおすすめソフトとしてよく名前が挙がる製品。

マインドマップとXmind

読み方は「エックスマインド」

対応プラットフォームはWindows(XP以降)、Mac、Linuxとポータブル版。

無料(Free)版もあり、機能制限付きながら無期限で使用できる。

より高機能を求めるのであれば買い切りの有料版、サブスクリプション版も展開されていり。

ガントチャートは有料版(Pro)のみで使える機能。加えてProには下記のような機能もある。

Pro機能一覧

また、作成したマインドマップを他者と共有することもでき、PDFなどで出力も可能。

日本語対応していて使い勝手がよいソフト。

インストール

『Xmind』はローカルで動作するソフト。

無料で使う限り特に会員登録は必要なかった。

ダウンロードはこちら http://jp.xmind.net/download/

Xmindの使用感

ざっくりと使ってみた。中心トピックに「マインドマップの比較基準」と入れ、思いつくことを枝葉として伸ばしていくとこんな感じ。

ポンポンとデータを入れていくのはマインドマップ共通の操作。操作感は可もなく不可もなく。ローカルなので動作は軽量、すぐに慣れた。

Xmindのアイコン

無料版では下記のアイコンが使える。ちょっと少ない気もするが、あくまで無料版のはなし。有料版だとアイコンが60000点に増え、クリップアートが使えるようになるみたい。

テーマを変更して印象を変える

『Xmind』デフォルトのテーマはシンプルなもの。テーマ変更した例はこちら

シャープなイメージのテーマ

テーマ変更→シャープなデザインへ
テーマ変更→柔らかなイメージへ

これ以外にも『Xmind』にはさまざまなテーマがある。

多様なマップを書くためのPro向け機能

『Xmind』はボタンに「Pro」と表示されProプラン限定機能かわかる方式。使おうとすると購入画面がポップアップ。ライセンス購入を促される。

ガントチャートも有料機能のひとつ。

ガントチャート以外にも、Officeのエクスポート、スライドベースストーリー、ブレストモード、パスワード設定、アイコンの増加、テーマのカスタマイズ、音声メモなどがPro限定機能として用意されてる。

『Xmind』の仕様

名称 Xmind(エックスマインド)
対応プラットフォーム Win(XP以降)、Mac、Linux、ポータブル版 XmindCloudは開発終了
無料版 あり 機能制限付き
有料版の有無・プラン あり 買い切り/サブスク両方
ガントチャート あり 有料版のみ
共有機能 あり
日本語対応 対応
販売会社 Xmind LTD
WEBサイト http://jp.xmind.net/

まとめ

『Xmind』は無料でも必要とされるある程度のことができる。買い切りで有料機能を使い倒すこともでき、月額費用を払ってサブスクリプション契約し、常に最新版を使うことも可能。デザインはシンプルで、特にクセがなく扱いやすい。

ゆえに使用者が多く、作成したデータのやり取りがしやすいのも副次的なメリットと言える。

こんな人に向いていない

Xmindに向いていない人を挙げるなら、買い切り版の¥12,799が高いと感じる人。

XmindのPro価格

あとは画面のシンプルさがモノ足りないと感じるなら別のソフトを検討するほうがいいはず。

Xmindが向いている人

  • とりあえず触ってみたい
  • マインドマップを体験してみたい
  • ある程度綺麗なマインドマップが作りたい
  • 使っている人が多いソフトがいい

なら『Xmind』向き。

 

個人的には、VerUP保証も無いのに買い切りで¥12000超えはどうかと思ったのでMindMaster

QG50112989

たまにアウトプット中。SNSはほぼ放置。誤字脱字・お問い合せがあればこちらからサイト説明

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください