ロボフォームのブラウザ別出現箇所【Windows10】【Chrome・FireFox・IE・Opera・Edge】

ロボフォームはWindows10での利用に完全に対応しています。

ここでは、Windows10環境ロボフォームを使う場合、ブラウザごとにどのように見えるのかざっくり紹介していきます。

ロボフォームが対応しているブラウザ@Windows10

Windows10環境で、ロボフォームが対応しているブラウザ一覧はこちら。

  • Google Chrome
  • FireFox
  • Internet Exproler
  • Opera
  • Edge
  • Safari(サファリ・Mac用ブラウザ)

これとは別にスマホ用ロボフォームブラウザがありますが、これを除けば上記6つの主要ブラウザに対応しています。

 

Chrome(Googleクローム)

Googleの高速ブラウザ。Chromeのブラウザにはサイドバーが無いので使用感の好みは分かれます。プラットフォームとしてのGoogleサービスと親和性が高いのが特徴。

ツールバーのロボフォームをクリックすると、URLに適合するパスワード帳一覧が表示されます。

また、Chromeではロボフォーム専用のツールバーをブラウザ下部に表示できます。このツールバーにはロボフォームの情報だけが載っているので表示エリアが広くて「URLに適合するログイン帳の名称」も見ることができます。

下ツールバーのロボフォーム

FireFox(Mozilla ファイアフォックス)

IE系ブラウザと互換性が高い、オープンソースのブラウザです。

僕のメインブラウザでもあります。FireFoxアカウントでPCとスマホでSyncできる、スタンダードな表示である、ロボフォームのエクステンションが下に表示できる(Chromeと同じ)、お気に入りの表示場所に柔軟性がある、などが僕が好んで使う理由です。

InternetExproler(マイクロソフト・インターネットエクスプローラー)

銀行系WEBサイトでまだまだ需要がある(あってしまう)ブラウザ。

IEではまだ上部のツールバーにロボフォームツールバーを表示することができます。これはChromeやFireFoxではセキュリティ上の懸念から使えなくなった機能(代わりに下ツールバーが出来た)。

IEでまだ現役のこの上ツールバーがあると、URLとロボフォームの合致ログイン帳が一度に目に入りわかりやすいです。

Opera(オペラソフトウェア)

独特な機能が多々ある、洗練されたブラウザです。FireFoxよりややフォントサイズが小さくブラウザとしての表示範囲が多いです。

Operaには注意点がひとつあり、それは拡張機能からインストールするとロボフォームLiteがインストールされてしまうこと。

ロボフォームのアイコンでチェックしてください。Liteがインストールされていてもログイン帳の同期はできません。

Edge(マイクロソフト・エッジ)

マイクロソフトの次世代ブラウザ。人それぞれ好みはあるでしょうが、ブラウザとしての動作がちょっと安定していないことが多い模様。サブとして使う

 

Safari(サファリ)

メイン機がWindowsなので、スクリーンショットは取れていませんが、Safariで使えることは公式が明言しています。

 

ロボフォームの対応ブラウザは数多い

Windows10に限ってみても、ロボフォームはこれだけのブラウザでの動作を確保しており、これは他のパスワードソフトより多いと思います。

ロボフォームエブリウェアなら、Android、iphoneなどのスマホ、タブレットともログイン帳を自動同期するのでデバイスごとにログイン帳を手動インポートする手間が無くなります。

関連記事

ロボフォームには上位版のエブリウェアという製品があり、ロボフォームの欠点を補って完璧なパスワード管理環境を構築するのに大きな助けになります。この記事では、16年間ロボフォーム使っておりエブリウェア歴も5年を超えた僕が、エブリウェアに[…]

最新情報をチェックしよう!