QNAP、RAID6ストレージがエラー。HDD交換からリビルドまでの経緯

 QNAP、RAID6ストレージがエラー。HDD交換からリビルドまでの経緯

QNAPのHDDの一つに不良セクタのエラーが出たのでHDD交換からリビルドまで行った。

エラー確認からHDD交換、リビルドまでの記録。

HDD交換→リビルドの経緯

QNAPにエラーメッセージが出た

3年ほど使っていたQNAPのハードディスクドライブに不良が見つかったのが1週間ほど前。液晶ディスプレイにエラーが表示され、HDDの不良が発覚。

エラーメッセージによると、「まだ使えるけれど最良の状態ではないです」程度の初期症状。

QNAPのHDD交換

NASの電源ONのままで交換できるが、念のため全データをバックアップしてからシャットダウンし、HDDを入れ替え。

この機種で初のHDD交換だったので安全性を最優先させたため。

NASはRAID6構成なのでもう1本故障しても大丈夫だが、無用なリスクは排除

HDD交換完了

HDDの入れ替えだけなので作業自体は5分で終わる。電源ONすると自動でリビルドが始まる。

リビルド中・・・
リビルド中・・・

優先度で「再同期優先」にするとリビルドが早く終わる。

リビルド中のファイル操作が遅くなるものの、休業を挟めるなら再同期優先がよい。CPU使用率も10%以下。

ただし、ファイル操作は実用に耐えないぐらい遅くなるので平日だと現実的ではない。

再同期と作業の優先度が設定できた

残り時間の表示はかなり上下するのであまり当てにならない。

6時間少々で終わるとの表示が

リビルドの残り時間

最終的には24時間以上かかった。

リビルドまで残り5時間を切りました

HDD交換、リビルド後

QNAPのHDD交換はとても簡単。

ほぼ手間いらずで再構築まで1~2日あれば終わる。ただしリビルドの時間は機種によってかなり差が出るようで、ネットで見ると50~70時間かかった人もいるらしい。

もちろんHDDに入れているデータ容量にも左右されることになる。

HDDを入れ替えても初期化不要なのでデータはちゃんと残っていた。

 

今回使った機種とHDDは下記の通り。WEBサイトから動作確認済み機種を選ばないとデータ消失リスクがあるうえに認識してくれないこともある。

また、メーカーのサポートも受けられない。

 

QNAPの種類

今回HDD交換したNASは、TVC-EC880

https://www.qnap.com/en/product/tvs-ec880

QNAPのWEBサイトから
QNAPのWEBサイトから

サイズは大きくプリンタ1台分程度のスペース確保が必要になる。

ファイルサーバとしての速度・搭載HDD数ともに十分ではあるが個人用途にはオーバースペック

ただしランサムウェア対策のスナップショットを頻繁に作成するならこのぐらいのスロットがあってもよい。

 

終売製品なのでこれからビジネス用に買うならTVS-1282などが代替にある

個人用途ならTS-431P2など。

ファイルサーバとして使うだけならCPUもさほど使わないが、HDDのリビルドやバックアップ、メディアサーバとしての利用などハードに使うようになれば遅いCPUでは不便なシーンが増えてくるのでこの程度はほしい。

 

QG50112989

たまにアウトプット中。SNSはほぼ放置。誤字脱字・お問い合せがあればこちらからサイト説明

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください