MyLifeOrganizedのファイル作成・同期を詳しく解説

 MyLifeOrganizedのファイル作成・同期を詳しく解説

MyLifeOrganized(マイライフオーガナイズド)、MLOに蓄積するタスクやプロジェクトの一覧がどのような概念で扱われているのかについて触れていく。

タスクすべて=1ファイル

MLOではアカウント内にすべての情報が収まるわけではない。

アカウントの中に「ファイル」をもち、そのファイルが下記すべての要素を持っている。

  • プロジェクト
  • フォルダ
  • タスク
  • テキスト/レビュー/リマインダ等の設定

プロジェクトが複数あり、その中にフォルダがありタスクがあり、タスクにはリマインダやテキスト、レビューなどの設定がいくつも付けられている。

 

また、1アカウントでいくつでもファイルを作成できる。

自分用のタスクリスト、共有用のタスクリスト、プライベートや仕事用など分けて持つことも可能。

ちなみに共有(後述)する場合を除いて分ける必要はほぼ無い。

 

タスクが増えると動作が遅くなるが、MLOでは昔の完了済みタスクをアーカイブして動作を高速化することもできる。その場合もアーカイブ用のファイルが1つ作られ、アーカイブされたタスクはすべてそちらに移動させることになる。

アーカイブの生成は自動化することも自分で行うこともできる。

 

Syncする場合の手順

MLOではデータはPCやスマホといったローカル側にすべて存在する。(バックアップもローカルに取る設定になっている)。

有料版のMLOクラウドでローカルのファイルを同期させるやり方は下記の通り。

ファイルを作成するデバイスでの操作

ファイルを新規作成→Syncさせるまで

まずローカル側で新規ファイルを作成する。File>Newを選択。テンプレートを使うならここで選べる。

その後、クラウドに同期用のファイルを作成する。Syncronization>Configration>MLO Cloudを選択。

通常は「Sync to MLO Cloud on the Internet(recommended)」を選択して、MLOクラウドのアカウントを設定。

アカウント設定完了画面

 

クラウド以外の同期について

MLOはSync、同期についてもさまざまな選択肢があり、FTPサーバ経由やUSBでも行える。

Dropboxなどのクラウドサービスで同期できるかどうかは未確認だがファイル破損があるっぽいのでやめたほうがよい。

>>ソース:公式サイト(英語)情報より

(意訳)Googleドライブ、DropBox、USBメモリなどを使用しての同期は、古いファイルを新しいファイルで上書きする仕組みです。対して、MLOクラウドの同期はレコードベースの同期が実行されるので信頼性が高く、不要な競合やデータ破損を回避できます。同時に異なるデバイス上のタスクを変更することができ、クラウド同期はそれらを自動的に判断します。

 

 

MLOクラウドの操作に戻る。

この後、MLOクラウドの画面で同期するための新規ファイルを作成していく。New・・・をクリック。今回はmlo-demofileという名前。

 

次は、同期する別のデバイスでの操作。

同期する他のデバイスでの操作

他のPCだったり、スマホだったりとさまざまなデバイスで同期させるにはそのデバイス内に同期用のファイルを作成する必要がある。

WindowsPCの場合

同じように新規ファイル作成する。空のファイルでかまわない。

その後Syncで同期するように設定し、ローカル側ファイルをこの空のファイルに指定する。

同期完了

スマートフォンの場合

スマホの場合は新規にプロファイルを作成→Syncで同期するように設定する。

画面下部の歯車アイコンをクリック

Profileをクリック

1行が1ファイルとなる。ここで+をクリックし新たなファイルを作成する。

新規作成したファイルに切り替えた後、メイン画面右上のSyncマークをクリックし、MLO Cloudを選択することでPCと同様にクラウド上のファイルと同期することができるようになる。

 

MLOでのタスク共有について

MLOはファイル単位で他者とデータを共有することができる。

例えば、家族と買い物リストを共有したりチームでプロジェクトを共有したり。

Asanaのようにプロジェクト単位での共有はできない。コメントをしあったりイイネでモチベーションを上げあったりという仕組みも無いので、コラボレーション型のプロジェクトマネジメントにはAsanaのほうがよさそう。

共有する方法

方法1 ログイン認証情報の共有を行う

MLOクラウドSyncのログイン認証情報を共有し、同じクラウドカウントへのアクセス自体を共有する方法。デメリットとして、すべてのクラウドファイルへのアクセスが許可されてしまう。あまりやらないほうがいい。

方法2 特定のファイルのみ共有

共有したいファイルだけを選んで共同で使用する方式。

共有する人が自分のMLOクラウドSyncアカウントを持っていれば可能。共有させてもらう側は有料アカウントである必要は無い。

 

MLOの共有・同期は柔軟で可用性が高いが、わかりづらい点も多い。

このページに書いたものはほんの一部の機能にすぎないので詳しくは公式サイトにて。

QG

たまにアウトプット中。SNSはほぼ放置。誤字脱字・お問い合せがあればこちらからサイト説明

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください