MyLifeOrganizedでスムーズにタスクを追加する5つの方法

 MyLifeOrganizedでスムーズにタスクを追加する5つの方法

mohamed_hassan / Pixabay

MyLifeOrganized(マイライフオーガナイズド、以下MLO)での

タスクの追加機能について「簡単さ、手段の多様さ」をメモ。

MLOでタスクを追加するには、5つの方法がある。

タスクを追加する方法

ツールバーから追加

最も基本的なやり方。

「Task」>「New Task」

もしくは「Task」>「New SubTask」でサブタスクの作成

ショートカットキーで追加

慣れてくれば、ショートカットキーが便利

キーボードの「INS」キー

もしくは「ALT」+「INS」でサブタスクの作成

メールで追加

MLOクラウドの導入が前提条件となるが、タスク追加専用アドレスにメールを送ることでタスクを追加できる。

変換される項目は次のとおり。

  • 件名→タスクのタイトル
  • 本文→タスクのNote

添付ファイルは送れず、一時間60件までの数量制限があるが。スパム防止機能の仕組みもあってアドレスの任意変更と送信元アドレスの設定が可能。

設定を開くには「MLOクラウド」ログイン>「Stored Files」タブ>「Task by email」。

ログイン後、StoredFiles
ファイルごとに「タスク追加専用アドレス」を設定できる。Task by emailクリック

「Rapid Task Entry」ダイアログから追加

MLOでは、タスク追加専用のミニウインドウを出しておくことができ、その機能を「Rapid Task Entry」と表記している。

  • 一度に多くのタスクを追加したい場合
  • 他のことをやりながらも、思いついたことをとっさに書き留めておきたい場合

などにとても便利。

ウインドウの表示方法は「View」>「Rapid Task Entry Window」を選択

通常は1行が1つタスク(の、タイトル)として変換される。

Options>Multiple task entry のチェックを外しておくと、複数行の入力をしても1つのタスクへと変換されることになる。1行目はタスク名に、全行がタスクのNoteに。

チェックをはずして単体のタスク入力モードに。

ウィジェットから追加(Android)

[+]キーでタスクの追加

もしくはボイス録音キーで音声入力が可能。

追加したタスクは表示されているリストにふさわしい項目付けがされた状態での入力待ちになる。

たとえば、ウィジェットに「スター付きタスク」を一覧しているならスターが付いた状態での入力待ちウインドウに。

AppleAatchから追加

http://blog.mylifeorganized.net/2016/05/apple-watch.html より

MLOはAppleWatch版があります。[+]キー+音声でのタスク追加ができる(らしい。AppleWatch未所持)。

 

MLOは多様な方法でタスクの入力ができ、情報のInboxとしても使い勝手がよい。

QG

たまにアウトプット中。SNSはほぼ放置。誤字脱字・お問い合せがあればこちらからサイト説明

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください