ESETインターネットセキュリティを登録してライセンスIDを取得する方法

ESETというセキュリティソフトを買うのは3回目なのですが、毎回「買ったはあとどこから登録すればいいかわからない」という状態になります。

この記事では、Canonが販売している統合型アンチウイルスソフトESETについて

  • 買った後に何をするか
  • ライセンスIDを入手する方法

を、備忘録替わりに残しておきます。

ESETとは

ESETは、非常に動作が軽いアンチウイルスソフト。スロバキアの企業が開発していて日本ではCanonが販売を担っています。

その安価さも大きな特徴で、デバイス5台×3年分で7000円程度です。1台1年あたりたったの466円。スマホに入れるセキュリティソフトとしても優秀です。

>>レビューしてます:【スマホの紛失・悪用対策】ESET Internet Security使用感レビュー(モバイルセキュリティ)

新規登録手順

登録コードを用意

Amazonで買った場合は アカウントサービス > ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリ で購入コードを確認できます。

登録コードは4文字×4で合計16文字。Sから始まります。

新規登録用サイトはこちら

ESETのユーザー登録画面は下記の新規ユーザー登録画面のリンクをクリック。

>>ESET 新規ユーザー登録画面

そこで、先ほどの購入コードを入力します。

新規購入でも追加購入でも、ここから登録すればOKです。メールアドレスの一致をもって同一人物と判断されるようなので、アドレスは同じものを入れましょう。

所有ライセンスを確認するには

所有しているライセンスは、下記「クラブ イーセット」から確認できます。

>>CLUB ESET

メールアドレスと、所有ライセンスのいずれかでログイン。複数のライセンスを持っている場合、どのライセンスを入れても構いません。

ログイン後、マイページ>所有製品ですべてのライセンスが確認できます。

僕は5台分のライセンス×3セット買ったので、このようになります↓

 

注意!自動延長は割高

この画面から申し込みできる有効期限の自動延長ですが、新規購入と比べるとかなり割高になっています。2019/9月時点では1年で5400円。新規が3年7800円でしたので、ほぼ2倍です。

ただ、延長費用も1台1年あたり1080円。新規ほどではないものの、十分安いです。

自動延長だとソフトの再インストールも設定の手間も無いメリットがあるので、費用と手間を考えて延長か新規か選びましょう。

ESETはマイナーだが優秀なソフト

ESETは軽量・安価で財布にやさしく使いやすいセキュリティソフトです。難点をあえて挙げるなら、ラインナップが豊富で全体像が分かりづらくいこと。買うときも買った後も迷ってしまいがちです。

購入するなら「5台3年ライセンス」がおすすめです。5台1年や1台3年タイプもあるので間違わないようにご注意ください。

最新情報をチェックしよう!