やわらか酒粕好きにおススメ『竹屋 酒粕(バラ粕しっとりやわめ) 』

最近のお気に入りである『酒粕(バラ粕しっとりやわめ) 5kg』。

そのまま食べても抜群にうまいです。

  • 酒粕は柔らかいほうがいい
  • フルーティな日本酒が好き
  • さわやかな口当たりが好み

といった方にはバッチリ刺さる酒粕なので広めるべく紹介してみます。

『竹屋 酒粕(バラ粕しっとりやわめ) 5kg』

白色に近いクリーム色

ご覧のとおり、色はかなり白めで乳白色に近い色合いです。

開封後しばらく(1~2週間ぐらい)置いておくと、空気に触れている部分が少し茶色くなってきます。風味に変化は特に感じられませんでしたが、早めにいただくほうが見た目含めて楽しむことができます。

5kg入りなら1kg600円

竹屋さんの酒かすは、Amazon、楽天、Yahooショッピングで売られています。もちろんこの商品もどのサイトでもありました。

僕はいつもAmazonで買っていて5kgで3000円。少量パックニーズに答えて3kgで1500円+送料¥650というのもあるようです。

送料を含めると

  • 5kg入り→1kgあたり¥600
  • 3kg入り→1kgあたり¥716

となり、5kg入りがお得になります。多いと思うかもしれませんが、冷蔵庫に入れておくと1~2か月は持ちますので問題なく完食できます。

酒粕はダイエットや健康維持、美肌や美容、お通じにもすごく良い食品なのでジャンクフード代わりに食べるのもおすすめです。

竹屋さんのWEBサイトでは下記のように書かれています。食べきれない場合は冷凍保存しましょう。

酒粕は、冷蔵庫などの冷暗所(0~10度)で、なるべく空気に触れないように保存しましょう。
表面に白い粉のようなものが出る場合がありますが、これは「チロシン」というアミノ酸が結晶化したものなので問題ありません。
また、長期保存(4ヶ月~)をする場合は冷凍保存がおすすめです。ラップやビニール袋などで小分けにして保存しておくと、使うときに便利です。

香りはさわやかでみずみずしい

『竹屋 酒粕(バラ粕しっとりやわめ) 』は他の酒粕に比べて、フル-ティな香りがします。

酒呑みには日本酒の大吟醸のようなさわやかさといったほうが通じそうです。

 

想像以上に柔らかいのでスプーンで

この酒粕は柔らかく、商品名のとおりしっとりしています。味噌より少しやわらかめで、泡立てた生クリームよりは固い。ちょうどその中間ぐらいの柔らかさです。

 

香りそのままのコクのあるフルーティな味

香りは良いけど味は薄い、という商品もありますが、この酒粕はそんなことありませんでした。

舌に乗せると香りそのままの味わいです。しっかりさわやかなフルーツの味がします。なおかつしっとりでのど越しがよく、水っぽさもまったくないちょうどよい濃さです。

雑味もまったくありません。

竹屋さんに電話して聞いたところによると、この酒粕は純米酒以上のランク酒からとれるものを厳選して使っているそうです。特に決めた銘柄があるわけではないとのこと。

そのため、この酒粕もとになった日本酒がどれか、という情報は公開しておらず注文のタイミングによって味が変わる可能性もあるようです。

ただ、僕が今まで数回いただいた限りではタイミングごとに味が違うというのは無かったように思います。いつも同じようにさわやかでフルーティ、みずみずしく旨い酒粕です。

また、この酒粕は軽く焼くと香りと味がいっそう引き立ちます。

オーブンにアルミホイルを敷いて酒粕を盛り、5~10分程度、焦げないように炙ってみてください。

アルコール注意

他の酒粕にくらべて『竹屋 酒粕(バラ粕しっとりやわめ) 』はアルコールっぽさの残る酒粕です。

下戸の人はおそらく合わないと思いますし、多量に食べて運転するのも危険かと。車、自転車など運転する予定があるなら控えたほうがよさそうです。

 

『竹屋 酒粕(バラ粕しっとりやわめ) 』まとめ

今まで食べてきた酒粕、スーパーで売られているものに比べると段違いの味わいです。最初は柔らかすぎる気がしましたがすぐ慣れるでしょう。

『竹屋 酒粕(バラ粕しっとりやわめ) 5kg』の特徴

  • 柔らかくしっとりしている
  • みずみずしくてさわやかな香り
  • フルーティな香りと味
  • 焼くとなお特徴が引きたつ

今回いただいた酒粕

(お試しサイズがありました▼)

竹屋酒粕店さんの別の商品

竹屋さんでは他の酒かすもあっていずれも高評価。下記の酒かすは元になった日本酒の銘柄が公開されている品種です。

次は何にしようか、いまから迷い中ます。

最新情報をチェックしよう!

発酵食品カテゴリの最新記事