MLO-MyLifeOrganizedのCloudSync更新。安く買う方法と手順

 MLO-MyLifeOrganizedのCloudSync更新。安く買う方法と手順

タスク管理ソフトのMyLifeOrganized(以下、MLO)を好んで使っているが、デバイス間で同期するには有料のライセンスが必要。サブスクタイプなのでおよそ1年ごとに更新することになる。

更新ライセンスは海外のWEBサイトから買うことになるのでそのまま手続きすると円建て決済で高い価格を払うことになりがち。

無駄な出費にならないようMLOの同期ライセンスを安く買う方法と手順を画像多めで解説していく。

MLOのデバイス間同期プラン『CloudSync』とは

手順説明の前に、MLOの同期について簡単に。

MLOはローカルで動作するタスク管理アプリ。動作は速くオフラインでも使えるメリットがある。

デメリットとしてはクラウド前提のソフトと違ってデバイス間同期しないこと。

この状態を防ぎ全デバイスのデータを最新に保ってくれるのが『CloudSync(クラウドシンク)』。動作イメージ↓。

CloudSync』はサブスクリプションサービスなので、定期的な更新が必要になる。

1か月や1年といった期限のサブスクが多い中、MLOのCloudSyncは5種類から選択できて自由度が高い。最短で30日、最長2年間。2年プランだと1か月わずか1.08ドル。缶コーヒー1本分。

 

CloudSyncライセンス更新手順

まずはライセンス有効期限を確認する

期限切れ20日前に登録しているメール宛に通知が来るが、メールを見落としたり迷惑メールに入るかもしれないのでMLOでリマインド設定しておくと安心。

ライセンス確認にはCloudSyncを管理しているMyLifeOrganizedCloudにログインする。

リンク先URLはこちら。 https://sync.mylifeorganized.net/mlo/Login.aspx

ログイン後、下記ような表示がでる。左に大きく表示されている数字部分が残りライセンス日数。この場合はあと19日で期限切れになるということ。

下部の「Buy renew subscription code」をクリックすると、サブスクリプションのプラン表示に切り替わる。

で、いずれかのプランをクリックすると、決済画面に移行する。

今回は、1年更新プランを選択。

決済画面での手続き

今回選択したプランは1年更新で$14.95のもの。レートは1ドル105円なので、日本円にすると¥1585(+消費税)になるはず。

しかし、カート画面では税別1746円。消費税を入れると1886円。10%以上割り増しされていることがわかる。

理由としてはドル→円のレートがリアルタイムではないことと、決済会社が自由に決められる手数料が加算されているため。(海外通販では、日本円で決済すると取扱手数料などの名目でかなり高くなるのは珍しいことではない)

 

少しでも安く買うためにはドルで決済するとよい。

下記の「日本円」をクリック。

「米ドル」に切り替え。表示は$14.95の通り。税が加算されるのはしょうがないが特に高くはなっていない。

 

その後はクレジットカードやPayPalなどでの手続きに進む。海外の会社にクレジットカードを伝えるのをリスキーだと考えるなら、Paypalを使うべし。特にリスキーだと思わなくてもPaypalは便利。

PayPal画面上の手続きは下記の通り

PayPalでの決済

確認するのは、合計額とレート。下記画面ではそれぞれ$16.15と1777円。

これは1ドル=110円のレートに相当するのでリアルタイムレートに比べると少々高いものの、ショッピングカートで日本円決済するよりはだいぶ安くなった。この価格でよければこのまま「同意して続行」。

しかしまだ高いと思うなら、PayPal上でも日本円ではなくドルで決済することも選べる。

JPYからUSDに切り替え、支払額が$16.15に

こうすることでドルで決済できる。

ただし日本円への換算レートはカード会社が決定するので現時点ではいくらの支払いになるかわかりらない。

高くなるかもしれないし、安くなる可能性も。本日のレートは105円なのでドル決済を試してみる。元の画面に戻り、通貨がドルになっていることを確認。

最終確認画面でも確認。トータルは$14.95USDと消費税相当分。これで決済。

レジストレーションコード確認

決済完了後は、決済画面でライセンスコードが表示されるのでメモしておく。

 

メモらず確認画面を閉じてしまったら、メールを確認。お知らせメールにもライセンスコードがある。

ライセンスコードを入力・更新

再度MLO CloudSyncにログインし、ライセンスコードを入力。

ライセンスコードを入力して「Renew」ボタンクリック。

もしエラーが出たら、ライセンスコードに空白が含まれていないか確認する。コピペするとやりがちなミス。

 

ライセンス更新後、残日数が増えていれば更新完了。今回は1年プランを選択したので19+365=384になるはずだが、2日分多くなっていた。

これは

  • 更新タイミングによってユーザーが損しないよう+1日されること
  • 2020年がうるう年であること

が理由だと思う(たぶん)。

で、次の更新日を見落とさないようMLOでリマインダーをセットしておく。

QG50112989

たまにアウトプット中。SNSはほぼ放置。誤字脱字・お問い合せがあればこちらからサイト説明

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください