ASANA(アサナ)ガイド中級編 – 良いサイクルを作りそれを維持する

このページでは、チームコラボレーション型プロジェクト管理ツール「Asana(アサナ・アーサナ)」のガイドページをざっくり解説しています。正確な情報は asana.com の下記ページ(英語)からどうぞ。

https://asana.com/guide/team/succeed/build-momentum

Asanaの使用に慣れてきたらさらに促進し、それを維持します

勢いを作り、維持する

チームメンバーがAsanaに少しは慣れてきたなと感じたら、その勢いを殺さないように維持してください。

暖炉に薪をくべるように火を絶やさず、より大きな流れにしていきます。

チームにチェックイン

チーム間でAsanaについて忌憚のない意見を交わし、共有することはとても重要です。

フィードバックプロジェクトを開始する

Asanaを使ってどうだったか、感想や質問、疑問、懸念事項、うまくいったことなどをシェアするプロジェクトを立ち上げます。

よくある質問に回答する

あなたが答えるほかに、すでにある資料をわかりやすく提示しておきます。人に聞くよりも自分で調べたい人もいることを認識しておきます。Asanaのヘルプは充実しているので、たいていのことは調べることができます。

Asanaの使用を拡大する

自社内、チーム内で慣れてきたら他のチームや外部パートナーとの連携も視野に入れてみます。新しい世界が広がります。

他のチームとパートナーシップを結ぶ

チーム内でのワークフローを構築するとわかりますが、そのうちいくつかの作業はチーム外メンバーの助力が必要であることもあります。

必要とする人々をAsanaに招待することでワークフローがより明確で簡潔なものになります。

多機能プロジェクトを特定する

大規模で複雑なプロジェクトは、始める前にAsanaをどのようにプロジェクトの関係者に紹介するかよく吟味してください。

チームの結果を共有する

組織内のAsanaを使っていない人にも目をむけましょう。彼らはAsanaで何が行われているのか、メリットはあったのか、成果に影響は出たのか知りたがっています。

「Asanaで得た成果」プロジェクトに招待してみるのも一つの方法です。

プロジェクトテンプレートを使用する

カスタムテンプレート(プレミアム機能)を使うと、よく使うワークフローにおいて大幅な時間の節約、抜けや漏れの予防になります。

他社の事例を参考にする

Asanaはさまざまな種類のチームや企業に使われています。彼らがAsanaをどのように使っているか、それらがあなたのチームにどう応用できるかを見てください。

プレミアムとエンタープライズ機能について学ぶ

より多くの業務にAsanaを使ううちに、プレミアム機能やエンタープライズ版がよりニーズにあうと気づくかもしれません。プロジェクト全体の詳細なレポート機能、管理者権限の管理、カスタムフィールド、カスタムテンプレートなど、有料プランでは多くの機能が使えるようになります。

 

ASANAガイドページざっくり日本語化-目次

最新情報をチェックしよう!