【Fireworks代替候補】AffinityDesignerがアップデートで抜群の使い勝手に

発売当初に『Affinity Designer(アフィニティデザイナー)』を購入したのですが、バグが多く動作も重めだったのでしばらく使用から遠ざかっていました。

しかし2019年にVer1.7にバージョンアップ。操作感がかなり良くなったと聞いて再度使い始めました。

この記事ではバージョンアップしたAffinityDesignerの実画面イメージやメリットデメリットを紹介したいと思います。

Affinity Designerとは?

AffinityDesignerは、Serif社のグラフィックソフトウェアの一つです。

AffinityシリーズとしてDesigner、Photo、Publisherの3つがあり発売されたのもこの順番。Publisherは2019に開発コードから「β」がはずれてきちんとラインナップに加わりました。

それぞれのソフトのポジションで近いものを挙げると、

  • DesignerはAdobe社のillustratorやCorel社のCorelDraw、
  • PhotoはAdobe社のPhotoShop、Corel社のPaintShopProやPhotoImpact
  • PublisherはAdobe社のInDesign

これらの代替ソフトウェアとして期待されているようです。

僕はAdobe社の高額設定とサブスクリプションライセンスがどうにも好きになれなかったので今までメインで

CorelDrawやPhotoImpactを使ってきましたが、Adobe製品で唯一FireWorksだけは長年使い続けています。

FireWorksは(illustrator+Photoshop)÷2程度の業務範囲をカバーしていて、ベクター画像の扱いもレタッチもできるいいとこ取りの便利ソフト。プロのデザイン業務までは必要ないといったケースでよく使われていたそうです。

実際僕もWEBやブログの写真、ECサイトの画像加工などに手放せないソフトになっていました。

しかし2010年代初頭にFireWorksが開発終了してしまい、今後のメンテナンスや機能追加が見込めなくなりました。そして代わりのツールを探しているときに発売されたのがAffinityDesignerです。

さきほど、AffinityDesignerはillustratorやCorelDrawのポジションに近いと書いたのですが、使用感はむしろFireWorksに近く図形を描きインフォグラフィックを作り、加工した写真と組みあわせることができます。

さらに印刷まで問題なく行えるので、この点においてはWEB特化型だったFireWorksを超えています。

いくつかの類似ソフトとの比較

Corel Draw

DrawはCorel社のメインイラストソフトです。できることはイラストレーターに負けず劣らずなのですが、いかんせん日本のユーザーが少なく情報を得るのに苦労します。

Drawは2019年版の価格が¥59184円でサブスクリプションだと¥1800/月。一方AffinityDesignerは買い切りで¥6000。10倍近い差がありますね。。。

AffinityDesignerの動作はCorel社のDrawより安定しています。それでいて似通っている部分もかなりありますので、僕はCorelDrawを起動する機会がめっきり減ってしまいました。

https://www.coreldraw.com/jp/

Gravit Designer

FireWorksの代替製品を調べると『Gravit Designer(グラビットデザイナー)』というソフトもあるようです。

こちらもよさげなソフトですが日本語対応はしておらず、ラインナップはサブスクリプションライセンス(年間¥5805)と、機能制限された無料版があるようです。

一方のAffinityDesignerは日本語対応していて買い切りで¥6000とハードルが低いです。

https://www.designer.io/en/

illustrator

プロユースの王道イラストソフトです。イラストレーションを生業にしていくならほぼこれ一択です(シェア的に)。以前は10万近くするソフトでしたが、サブスクができてある程度本格的にグラフィックを扱いたい学生でも気軽に手を出せるようになりました。単体使用だと月額¥2480のサブスクリプションです。

僕はデザイン業務はあくまでも仕事の一部であり、「主業務がのデザイン」というわけではないのでとても手が出ません。

https://www.adobe.com/jp/products/illustrator.html

AffinityDesignerのデメリット

Ver1.7になって操作上の不満はほとんどなくなりましたが、あえてあげると

  • デフォルトでセットされているサンプルアイコンなどが少ない(ほぼ無い?)
  • Androidでは使えない

というところでしょうか。

AddinityDesignerにはデフォルトのアイコンがほとんどなく、利用者がイチから作る必要があります。eDrawInfographickのように多くのアイコン・インフォグラフィックを内包していたりAdobeのようにストック系のフォトサービスと連携してたりすると、さらに便利になりそうです。

ただSerif社は「ソフトの本体価格は抑えて周辺コンテンツで儲ける」モデルぽいのでアイコンの充実は期待薄ですが。必要な人にだけ払ってもらう方式はある意味ありがたい面もありますので文句は言えません。

コンテンツが必要な人は、Serifストアへ → https://affinity.serif.com/ja-jp/store/

なお、購入時に特典としてもらったサンプルファイルがありました。ひさびさに引っ張り出しましたが完全に忘れていた・・ これは特典の一つBlog用サンプルファイル▼

▼ボタンサンプルもありました。

 

また、AffinityDesignerのラインナップは2019/7月時点でWindows・Mac・ipad版の3種のみです。Androidはデバイスの違いが多様過ぎて難しいとは思いますがWEB版が出るとありがたいです。

Affinity Designerのメリット

  1. プロユースに使えるポテンシャルがある
  2. illustratorとPhotoShopのいいとこどりだったFireWorks代替になりうる
  3. ai形式のファイルが開ける
  4. ipad版が高機能
  5. 開発が精力的に続いている
  6. Designer-Photo-Publisherが相互に関連している
  7. 買い切りで安い(Win/Mac各¥6000)、ipadは¥2400

僕にとってはなんといってもillustratorとPhotoShopのいいとこどりだったFireWorks代替できそうだという点が大きかったです。またaiファイルが開けるので外部デザイナーにアウトソースしたファイルも無駄にならず、簡単な修正ならこちらでやってしまえます。

現在でも開発継続されており、当面終了することはないでしょう。

ipad版は高機能さは、現行の無料イラストソフトを比較する必要が無くなります。ipadで絵を描く→クラウドドライブに保存→PCで仕上げがスムーズに完結します。

そのうえ買い切りでこの価格だと1本手元に持っておくのに何の躊躇もないレベルです。

Affinity Designerが向いている人

  • 趣味のデザイナー
  • ECサイトの画像作成がしたい人
  • 自社内である程度のデザインを作ってしまいたい中小企業
  • FireWorksの代替になるソフトを探している人

なんかには最もおすすめできます。機能的に中小レベルのデザインワークには十分すぎるぐらいですし、数本買っても全然安価です。デザインというものを体験したい学生にもこのUIは気に入られるはずです。

それからFireWorksユーザー。インストール版FireWorksはまだ起動可能(確認済み)ですが、時期とともにだんだん不安的になり落ちることも増えてきました。これ以上FWで作ったファイルが増えるのも未来が無いので、開発停止を受け入れてサブスクリプションを払い続けるという選択肢を取りたくないのであれば、早急に乗り換えたほうが良いと思います。

リンク先

公式サイト https://affinity.serif.com/ja-jp

Facebookページ https://www.facebook.com/affinitybyserif

Twitter https://twitter.com/AffinitybySerif

最新情報をチェックしよう!