MyLifeOrganizedの検索機能を詳しく解説

 MyLifeOrganizedの検索機能を詳しく解説

geralt / Pixabay

MyLifeOrganized(マイライフオーガナイズド、以下MLO)の検索機能についてのメモ。

MLOの検索機能はカスタマイズ性が高い。

検索の基本

MLOでは、画面上部にある検索ウインドウに文字を入力することで検索できる。

ここに文字を入力すると検索結果エリアが広がって、適合するタスクが一覧される。検索結果の1行=1タスクとなる。

英単語なら入力の都度リアルタイムで検索結果が変更される。

日本語などの2バイト文字なら文字入力が確定次第、即検索結果が返ってくる。

また、検索結果ウインドウは、高さを変えられるので検索結果が多い場合も一覧性を損なわない。

高さを縮めた場合
高さを伸ばした場合

検索ウインドウの幅は固定です。ウインドウいっぱいが規定値で、変えることはできないようだ。

検索範囲の設定

どのタスクを検索範囲とするか、が切り替えられる。

まずはタスクの完了状態について。すべてのタスク(アーカイブとして別ファイルにあるものは除く)を対象とするAll Tasks、完了済みタスク以外を対象とするAll Except Completed、今あるビュー内を対象とするCurrent Viewの3種類がある。

タスクのどの部分を検索対象とするかも調節できる。チェックボックスを入れた項目が検索対象となる。

Search in captionsは件名、Serch in notesは内容、Search in contextsはコンテキスト、Search in text tagsはテキストタグ。

1つのタスクに複数の合致項目があった場合、検索結果は複数行で表示される。

(=件名に合致+テキストタグに合致した場合には検索結果が2行になる)

ただし同一タスクであれば1行に統合され、1行=1タスクのルールは変わらないようだ。

「+」ボタンでいくつのタスクに該当したのかを展開することもできた。

該当タスクを展開

検索表示の設定

検索結果について、タスクのどの要素を表示するか設定できる。

Completedは完了状態、Createdは作成日時、Modifiedは最終変更日時、Pathはタスクの場所。

検索の速度

MLOの検索速度は非常に高速。(一昔前のAsanaは遅かった・・・)

データがローカルに保存されているため、WEBベースのシステムのように待たされることはほぼ無い。

残念なところ

MLOの検索にはANDやOR検索が無い

今後の機能追加に期待したい

QG

たまにアウトプット中。SNSはほぼ放置。誤字脱字・お問い合せがあればこちらからサイト説明

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください