ClickUp『ダッシュボード』の詳細・設定・作成方法

ダッシュボードはClickUp内のデータを様々な形で抽出して俯瞰する機能。ダッシュボードについての情報が散らばっているのでまとめる。

ClickUpのダッシュボードとは

ダッシュボードとは、ミッションコントロールセンターである

ダッシュボードは個人の目標やチームのゴールがあるときに最大の効果を発揮する。タスク、コメント、チャットなどのデータを条件を絞って表示したり、統計や進捗をグラフィカルな表現で一覧表示し、現在地や目標との乖離を効率的に把握できるようになるためだ。

ClickUp公式サイトより

ダッシュボードの機能はClickUpバージョン2.19からベータ版として実装された(それについてのリリース)。

それまではデータを俯瞰するためにダッシュボードと似ているHome画面を使用することが多かった。両者の違いは、Homeに表示されている項目は固定であり、ダッシュボードのような自由さが無いこと。ダッシュボードはウィジェット(後述)によってカスタマイズの余地が大きくなっている。ただHomeにもHomeの良さがあり、特にVer2.73からV2になりタスクの一覧性が非常によくなった。

自分のタスクを一覧し、予定を立てたり確認するのはHomeで、チーム全体の進捗や状態をカスタマイズして表示・確認できるのがダッシュボードという使い分けを行っていくことになる。

ダッシュボードについて参考になるページ

機能概要 https://clickup.com/features/dashboards

機能詳細(公式ブログ) https://docs.clickup.com/en/articles/3578082-dashboards

プロジェクト管理に使う方法(公式ブログ)https://clickup.com/blog/project-dashboard/

ウェビナー-英語(公式)

ダッシュボードに表示できるウィジェット、使える機能

ダッシュボードは初期状態ではまっさらなので、自分でウィジェットを並べていくことになる。2021/2現在で数十個のウィジェットが用意されており、一例をあげると、スプリント・ステータス・タグ・アサイニー・テーブル・外部埋め込み・タイムトラッキング などがある。

ウィジェットについての公式解説ページ

ウィジェットについて集中的に述べられている公式ページがいくつかあった。

カスタムウィジェットについて https://docs.clickup.com/en/articles/3625951-custom-widgets

テーブルウィジェットについて https://docs.clickup.com/en/articles/3625956-table-widgets

ステータスウィジェットについて https://docs.clickup.com/en/articles/3625952-status-widgets

また、ダッシュボードはデフォルトで非公開になっているが共有することもできる。

プランごとのウィジェット使用制限

ダッシュボードをどれだけ活用していけるかはプランごとに決まっている。無料プランだと100回まで自由に使えるいわゆる「トライアル」扱い。有料プランだと使用回数が無制限になるので、本当に活用できるのはこのプラン以上となる。また、有料プランのなかでも無制限プランとビジネスプランでは使用できるウィジェットが異なるという差が設けられている。

  • 無料プラン・・・100回の使用まで。ダッシュボードを100個作れるというものではなく、100回の操作なので試しに触ってみるぐらいの使用になる。
  • 無制限プラン・・・使い放題ではあるが、使えるウィジェットの種類に制限がある
  • ビジネスプラン・・・回数もウィジェットも制限なく使い放題
  • エンタープライズプラン・・・回数もウィジェットも制限なく使い放題

プランについての参考エントリ

ダッシュボードの作成方法

ダッシュボードを使う手順は下記の通り。

  • ClickAPPをONにする
  • ダッシュボード画面を開く
  • あたらしいダッシュボードを作成する
  • ウィジェットを追加する

ダッシュボードはClickAPP扱いなので、設定>ClickAPPsでDashboardsをONにしておく。

画面左のDashBoardボタンをクリックし、表示されるダッシュボードの一覧にある+ボタンを押す。この左のメニューはClickUpの設定によってシンプル・クリーン・モダンと選べるので下記画面の通りかどうかは人による。

サイドメニューのレイアウト設定

+ADD Widgetでウィジェットを追加できる。

画面右上のボタンからでもウィジェットは追加できる。

ウィジェット選択画面ではカテゴリごとに分類されたウィジェットを選ぶことも、検索して探すこともできる。

ウィジェットを選択したら細かな設定を行う。ウィジェットの名前、ロケーション、サブタスクや完了したタスクを含めるか、タグやカテゴリでフィルタするかなど。

どのような設定項目があるかはウィジェットの種類による。

ダッシュボードはチームメンバーが増えてきた場合には特に役立つ。だが、タスクが多い場合や進捗を管理したいときにはたとえひとりClickUpであっても有用。

唯一の難点は有料プランでしか使えない(無料だと100回制限)ことだが、有料プランはダッシュボード以外にも多くの機能が解放されるうえに月額500円程度からと安価なのでアップグレードする価値はある。

0 Shares:

You May Also Like