ClickUpタスクの『Close』とは何か

  • タスクのステータスをCloseするとは、どういうことなのか
  • CloseにしたときにClickUpではどのような処理が行われるのか

といったことをまとめていく

ClickUpのタスクにはいくつかのタイプがある

  • Not started
  • Active
  • Complete
  • Close

タスクのステータスについてのエントリで触れたが、このうちCompleteはタスクが完了したことを表す。Closeは完了して、閉じるという動作までを表す。

どちらも、タスクが完了したことに変わりはなく、下記のように処理され他のタスクへ影響を及ぼしたり、ClickUp全体の進捗が進んだりする。

  • 依存関係にあるタスクが着手可能になる
  • 期限切れの通知がされなくなる
  • ゴールへの進捗が加算される

Closeの場合は、上記に加えて

  • 基本的に表示されなくなり、視界から消える

といった処理も併せて行われる。つまり、完了させただけでしばらく閲覧する必要があればCompleteに、完了してもう見なくても良いのであればCloseに、と使い分けができる。

タスクのステータスをCloseにしたとき、上記のようにタスクが完了したものと見做され、完了に伴う様々な処理が内部的に行われる。

ただClickUpは細かくカスタマイズできるため必ずしもCompleteをComplete、CloseをCloseとして使う必要はない。

  • Compele扱いにするステータスを複数設定する
  • close扱いにするステータスの名前を変更する

といったことも可能になっている。これも単なるチェックリストソフトとClickUpの違いであり、自分がClickUpに乗り換えた大きな理由の一つだ。

0 Shares:

このサイトをご覧の方へ、限定の紹介プログラム

You May Also Like