ASANA(アサナ)ガイド中級編 – お気に入りのWEBサービスと統合する

このページでは、チームコラボレーション型プロジェクト管理ツール「Asana(アサナ・アーサナ)」のガイドページをざっくり解説しています。正確な情報は asana.com の下記ページ(英語)からどうぞ。

https://asana.com/guide/team/succeed/integrations

お気に入りのサービスとAsanaを統合する

Asanaの大きな特徴として、連携して使える外部WEBサービスが充実していることが挙げられます。ここではそのうちよく使われているジャンルからいくつか紹介します。

ファイル共有するためのWEBサービス

Asanaは、もともとタスクへのファイル添付が簡単に行えます。ドラッグアンドドロップするだけでファイルがアップロードできます。jpeg形式の画像ファイルだとリスト形式タスク詳細画面上でプレビューでき、Board形式のタスク一覧ではタスク名と合わせてサムネイルとして表示されます。

1ファイルあたりの最大サイズ100MB 総容量制限なし

Asanaは100MBまでのファイルを添付することができ、その件数は無制限です。

それより大きなサイズを添付する場合には、クラウドストレージとの連携を使います。

GoogleDrive、OneDrive、Dropbox、boxはファイル添付ボタンを押したときの選択肢にローカルコンピュータと共に表示されるほどデフォルトでAsanaと統合されています。

  • GoogleDrive
  • OneDrive
  • Dropbox
  • box

コミュニケーションするためのWEBサービス

お気に入りのメッセージングアプリとAsanaを統合することで、Asanaの通知をチャットのスレッドに取り込めます。

Slack

タスクが作成された、完了された、コメントが付いたときに指定したSlackのチャンネルで通知されます。スラッシュコマンド/asanaを使用してタスクの作成、割り当て、完了のマーク付け、またはコメント付けを行うことができます。

Hipchat

タスクの作成、割り当て、コメント不可、添付ファイル追加時に特定のルームで通知を受け取ることができます。

GoogleCloud

GoogleCloudとAsanaを連携すると、G Suiteアプリ上の操作をAsanaで追跡することができます。

GoogleはさまざまなWEBサービスを提供していて、そのうちAsanaで統合できるものも多くあります。

  • シングルサインオン、SAML(SAMLはエンタープライズ機能)
  • Asana for Gmailアドオン
  • Googleカレンダー
  • Googleスプレッドシート
  • Googleフォーム
  • Chrome

Asanaを強化する

Asanaでは提供されていない機能も外部サービスと連携することで実現します。Asanaで行える業務範囲を拡張してより多くの業務に適応できるようになります。

  • instagantt ガントチャートを作成します
  • Wufoo 高機能なメールフォームです
  • CCSインポータ
  • Zapier WEBサービス同士を連携させるハブとなるサービスです。
  • Weekdone ダッシュボードやレポートを作成してタスクの完了状況などを一元管理できます。
  • harvest タイムトラッキングアプリケーションです

 

ASANAガイドページざっくり日本語化-目次

最新情報をチェックしよう!