Notion:下層ページ「Turn into」時のブロックタイプによる変換後の違い

下層ページをTurn intoコマンドで上層ページのブロックに変換する」という操作をNotionではよく行う。

下層ページの中にある複数ブロックごと上層のブロックに変換されるので、通常では不可能なブロック配置が出来るからだ。

Turn intoで変換できる13個のブロックについて、返還後、それぞれがどのようになるか調べてみた。

Turn into

実験用にテスト用のページを作り、下層にページを作った。タイトルは「Turn into test」。

下層ページ内部はこのようにした。全幅のヘッダブロックの中に、幅を2分割したブロックがある。

下層ページから Text への変更

テスト開始。上層ページに戻り、下層ページブロックをまずはTextに変換する。

下層ページのタイトルがTextへ変換され、それ以外は下層ページの内容がそのままタイトル下部に表示されている。

下層ページから Heading1 ~3への変更

次に、Headingへの変更。内容はほぼ同じだったのでHeading1~3をまとめて解説。

下層ページのタイトルが選択したHeadingに変換、それ以外はそのまま表示される。

下層ページから Page への変更

次に、下層ページを上層のPageブロックへの変換を行った。

何も起こらない。Pageブロック自体がもともと「ブロックを下層のページへ変換」する機能のためこれは想定内。

下層ページから To-do list への変更

To-doリストへの変更

下層ページのタイトルがTo-doリストに変換され、それ以外のブロックはそのまま表示。

下層ページから Bulleted list への変更

中黒の点でリスト化するBulleted listへ変換した。

予想通り、タイトルがBulleted listへ。それ以外は変わりない。

下層ページから Numbered list への変更

自動的に番号が行頭に振られるNumbered listへ。

こちらもBulleted listと同じように下層ページのタイトルがNumbered listになった。

下層ページから Toggle list への変更

Toggle listは横向き▲のトグルボタンで中身を開閉できるブロック。

Toggle listに変換すると、下層ページのタイトルがトグルのタイトルになり、トグルは閉じた状態。

トグルを開くと、下層ページにあったブロックが中から出てきた。これは、知っていると便利な「トグル内にブロックを横に並べる」を実現する手段でもある。

下層ページから Code への変更

プログラムの記述をするのに使うCodeブロックへの変更。

下層ページのタイトルがCodeへと変換。タイトルにCodeを入力することは無いと思うが、変換後すみやかにCodeの入力が始められる利点はある。

下層ページから Quote への変更

Block quote、いわゆる引用ブロックへと変換してみる。

下層ページのタイトルが引用へと変換された。

下層ページから Callout への変更

Calloutはアイコンと背景が付いたテキストブロック。補足説明などによく使う。下層ページをCalloutブロックへ変換すると

タイトルがCalloutブロックへ。

下層ページから Block equation への変更

最後に、Block equationへと変換してみる。これは数式を入力するための特殊なブロック。

もちろん下層ページのタイトルがBlock equationへ。

まとめ

下層ページのブロックをTurn into機能で上層ページのブロックへと変換すると、タイトルが選んだブロックタイプになり、それ以外はそのまま上層ページへと表示されることになる。

今回テストした13タイプの中で特に意味があるのはToggle listで、このやり方によってトグル内でブロックを横並びにできる。

Pageブロックは変換前後が同一となるため動作せず、意味がない。

それ以外のブロックはどれを選んでも大差ない。変換後に入力したいブロックタイプを選んでおけばよい。

このようにして下層ページを上層ページのブロックを変換することで、通常の操作ではできない列の入れ子構造も実現できる(下記ページ参照)。

0 Shares:

You May Also Like