Notionにタイトル付きでMP3ファイルをインポートする方法

Notionにファイルをインポートすると、種類によってはファイル名が表示されない状態での埋め込みになる。これではどんなファイルだったのかわからない。

たとえばMP3形式の音声ファイル。再生用の埋め込み形式になるためファイル名が抜け落ちてしまう。ここではファイルと同時にファイル名もインポートする方法を残しておく。

例:MP3とPDFをNotionにインポート

例としてMP3とPDFを混在させたコンテンツをNotionにインポートするというケースを挙げる。

下記のような音声ファイル×3、PDF×1の場合

普通にすべてのファイルを選択してNotionにドラッグ&ドロップすると下記のようになる。PDFはわかるがMP3は区別がつかない状態だ。

ファイルにキャプションを付けたり埋め込みの近くにファイル名を書いておいたりすればよいが、ファイルが大量にあると非常に時間がかかり面倒。

こんな時は、データベースを作成してドラッグ&ドロップすると手軽な解決法になる。

まず、

/data

スラッシュコマンドでデータベースを作成する。

そしてこのデータベースにファイルをドラッグ&ドロップする。ファイル名がName欄に入っている。

中身のデータは行を開くと本文欄に入っている。

ひとつ注意点として、このやり方だとName欄に入ったファイル名から拡張子が抜け落ちている。この例のように異なる拡張子を持つファイルを一緒にドラッグすると、どれがPDFかMP3かわからない。

それを避けるためには、PDFはそのままドラッグしてMP3はデータベースにドラッグするとよい。

データベースのタイトルにファイルの種類でも書いておけばさらにわかりやすい。

デメリット

この方法もデメリットがある。ファイルを開くのにデータベース行をプレビューする1ステップが余分に必要になるというものだ。

行をプレビューする余分な1ステップ

ただ、データベース行としてインポートすると別のメリットもある。たとえばプロパティで評価列を作るなど。活用方法が広がるのでデメリットと考えずに応用していくとよい。

0 Shares:

このサイトをご覧の方へ、限定の紹介プログラム

You May Also Like