Virtial hostsを使いコピペでサイト移転する手順

 Virtial hostsを使いコピペでサイト移転する手順

cocoparisienne / Pixabay

WEBサイトの移転と同様、CMSを変更するのもたいがい手間がかかる。

今回、両方一度に行うことになった。サーバの移転をしつつCMS変更。

その時、旧サイトを見ながら内容を適宜コピペして新サイトを作り直していくための下準備が意外とめんどうだったので手順を残す。

  • サーバ移転
  • 新旧サイト両方を確認しながら作業する

という状況で使える方法

そもそもなにが面倒か

もっとも障害になるのが同一ドメインでは新旧どちらかにしかアクセスできないこと。ネームサーバの仕向け先が新サーバなら新しいサイトが、旧サーバなら旧サイトが表示される。

hostsファイルを書き換えて「そのPCのみ特定のサーバにアクセスさせる」やり方が王道だが今回のようにコピペで内容を移し替えるときには手間がかかりすぎる。

あえてやるなら2台のPCを用意して片方は旧サイト用、もう片方は新サイト用、コピペは共有ファイルを通じて行う、など。ページ数が少なくてPCが余っていればこの方法もとれるかも。

今回取ったやりかた

Virtial hostsを使って次のような手順でコピペ環境を作った。

1.新サイト用ホスティング会社にドメインを登録する

そのドメインのディレクトリを作成する

2.ChromeにVirtial hostsをインストール

ドメインとIPアドレスを入力して、Chromeでのアクセスを新サーバに向かうようにする。

IPはホスティング会社のサーバのIPアドレス。管理画面で確認しておく。これでドメインでのアクセスがこのbrowserでのみ新サイトへ向く。

3.CMSなどをインストールする

Chromeを使い、新サーバのディレクトリにアクセスする。

4.旧サイトを別のブラウザで閲覧する

FirefoxやEDGEなど。Firefoxがオススメ。

5.新サイト構築作業を行う

ひたすら作業

6.ネームサーバの仕向け先を新サイトのネームサーバへ変更する

新サイトの構築作業が終われば、ネームサーバの切り替え。これでドメインでのアクセスが新サーバへ向かうことになる

7.Virtualhostsの値はクリアしておく

 

以上。

この方法のメリット

hostsファイルをコピペの都度変更するよりは現実的で、新サイトも旧サイトもどちらもWEB公開しているものを確認できるという2点がメリット。公開中のサイトクローンを作る(ローカルにダウンロードする)よりもコストがかからずサイトの動作にも不具合が起こりづらい。

  • hostsファイルより手軽
  • 新旧サイトを同時に見られる

この方法のデメリット

  • 同一ホスティングサービス上では使えない(IPアドレスが同じためVirtual hostsの意味がない)
  • 公開するまでSSLは(おそらく)適用できない
  • 内部リンクがうまく動作しないことがある
  • Virtualhostsの動作が完全ではないこともある(たぶんキャッシュが原因と思われる)
  • 公開後、画像へのリンクが切れていることがある ※

画像へのリンク切れは原因と対処法がいまいちはっきりとしなかった・・ かなりの割合で起こるようなので移転作業後のページ確認は全頁行うようにしたほうがよい。

 

QG

たまにアウトプット中。SNSはほぼ放置。誤字脱字・お問い合せがあればこちらからサイト説明

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください