ノートPC LGgramが熱すぎる場合の対処法

購入からしばらく経ってLGgramが異様に熱を持つようになった。バッテリーが原因と思っていたが以外にも原因はソフトウェア。

LG gramのFunctionキーあたり(と、その裏側)が異様に熱くなるようになってしまった。エアコンの効いた部屋でも同様に熱く、膝に乗せることが出来ないほど。

LGサポートに助言を仰ぎ、一応の解決を見た。結論から言えば「ソフトウェアの不具合の可能性があるのでWindowsの再インストールしてください」らしい。

再インストールするとデータもソフトもすべて初期化されるので要バックアップ

LG サポートに確認した再インストール方法

状況を説明し、LGサポートから来た返事は下記の通りで「Windowsの再インストールを伴う高出荷時へのリカバリ」の提案。

① 電源ボタンを押して電源を入れた後、F11 を連打してください。
② リカバリーのメニュー画面が出たらキーを離し、英語を選択してください。
③ Next をクリックし、次の画面に進んでください。
④ I Agree にチェックを入れていただいて、Next をクリックするとリカバリーが始まり、ご購入後に入れたデータはすべて消去されます。
⑤ 10分前後で終了し、ご購入時の設定画面になりますので、設定を進めてください。

この方法を試したところ手順(4)のリカバリー時に ~can’t~ と表示され、リカバリが途中で止まってしまった。

そのためWEBで調べ直し、別の方法をとることにした。

LGサポートとは異なるリカバリ方法

要はWindowsを初期状態に戻せばいいので、通常行われる回復を使う。

Windowsキー+Iで設定画面を開く

更新とセキュリティをクリック

回復をクリック

このPCを初期状態に戻すの「開始する」をクリック

オプションを選択。個人用ファイルは残しておいてもおそらく問題なくリカバリできるが、万全を期すため今回は全削除することにした。

リカバリ&再インストール後の状況

インストール直後はあらためてWindowsUpdateが行われ、しばらくのあいだ高負荷状態になる。熱い。その後もソフトウェアのインストール作業などで高負荷状態は続く。

この状態のLG gramの温度は「以前ほどではないがかなり熱い」と感じられる。その後、一連の更新作業があらかた終わると「やや熱いが、わりとマシ」程度には戻すことができた。少なくとも火傷するほどではなくなった。

購入当時より熱くなってしまうのは、おそらくCPUファンの劣化や、Windows自体のUpdateによる重量化、CPUパワーを要求するソフトの使用などが原因かと思うのである程度は割り切るしかなさそう。

製品自体の寿命かもしれないが、あと1年程度は使いたい。

0 Shares: