ClickUp上で長文のテキストを書くことが可能な入力欄を調べてみる

ClickUpはタスク管理システムだが、メモの整理にも向いているので長文を書ける場所を調べておく。

普段からメモをとることが多く、タスク管理をClickUpに移行してもやはりいろいろ入力したい。

ClickUpで長文を書ける場所

タスクおよびサブタスク

説明欄(Desciption)

タスク内の説明欄への記入は、ほとんどどんなタスク管理ソフトでも可能。ClickUpでもリッチな装飾付きで書き込める。内容が多ければ開閉できるので書きまくっても他の要素の邪魔になることはない。

コメント欄

タスク/サブタスクのコメント欄にも書き込める。すべての書き込みが時系列で一覧されるので、一人ClickUpであっても便利に使えるスペース。

ドキュメント

本文

ClickUpでメモを取る場所の本命がドキュメント(Docs)。新規Docs作成時は1ページのみだが、ページを追加するとノートのようにDocs内にページが増えていく。階層構造にして開閉もできるので使いやすい。1つのDocs内に数十ページ入れてみたが動作は軽量なまま。

リスト

説明欄(Description)

タスクの入れ物「リスト」の説明欄にも、タスクと同様に買い込みができる。書き込んだ内容はListビューで各タスクより上に表示される。リストの詳細画面を開くと全文表示できる。

コメント欄

リストでもタスク同様にコメントの追記ができる。使用はタスクのものと変わりない。

ノート

ノートは、自分だけがみられるテキスト入力欄。簡易的なDocsという感じ。タスクやドキュメントになる前の覚え書きに使ったりできる。Docsと違って共有や階層化はできないが、ドキュメント同等の装飾ができるので表現力は見劣りしない。

ノートの作成はツールチップからNotepadを選択するかホットキーのPで起動する。

記入欄が無いことが確認できた場所

残念ながら、次の階層にはタイトル以外にテキスト入力するための欄が無い。アカウントやワークスペースには説明書きができると便利だと思うが今後のアップデートをチェックしていきたい。

  • アカウント
  • ワークスぺース
  • スペース
  • フォルダ

未確認の場所

下記の機能上でテキスト入力ができるかどうか、現時点では確認できていない。

  • Teams

ClickUpは他の類似ソフトウェアと比較しても長文を書き入れることが出来る場所が多々あり、必要十分な多様さが確保されている。

ClickUp

0 Shares:

You May Also Like