WordPressグーテンベルグエディタのツールバーが邪魔なときの対処法2つ

WordPressのGutenbergエディタで、段落選択時のツールバーが邪魔になって上にあるブロックが見づらいことがある。

そんなときの簡単な対処法を2つ紹介。

ESCキーでツールバーの表示を切り替える

通常はこのように表示されるツールバーだが、

BEFORE

ツールバーが表示されているときにキーボードのESC(エスケープキー)を押すと、ツールバーが下記のようになる。

AFTER

本来の「選択可能な編集候補」ではなく「ブロックの内容を表示」するらしく、これだとほとんど邪魔にならない。

別のブロックを選択しなおしても「選択したブロックの内容」を表示するモードのまま。

元に戻すには

この表示をもとに戻すには次の3つのいずれかの操作を行う

  • ENTERキー
  • 段落の内容をクリック
  • ツールバーをクリック

ツールバーのエディタを上部に固定する

もう一つの方法として、ツールバーの表示位置自体を変えることもできる。どちらかというと王道のやりかた。

管理画面右上のメニューボタンから、「トップツールバー」を選択

ツールバーが編集画面上部に固定され、ブロック付近には表示されなくなる。

BEFORE
AFTER

どちらを使うべきか

ESCキーの方法だとキーボードから手を放さずに操作できる点と、ブロックとツールバーの距離が近いままでいられる点が便利。

ツールバーを上部に固定する方法だとエディタ全体がすっきりするが、ブロックとツールバーの距離が遠くなる。マウスポインタの移動距離が長くなって編集効率が悪化するのが難点。

しばらく試したところ自分の場合はESCキーを使ったほうが効率よく編集できた。ただ人によりけりなのでお好みで。

0 Shares:

このサイトをご覧の方へ、限定の紹介プログラム

You May Also Like