iCloudメール作成時にハマりそうな箇所と対処法

ipadもiphoneも手元にない状態でiCloudメールのアドレスを取得しようとしたが、かなり手間取ってしまった。つまづいたポイントと対処法を書いておくことにする。

iOSデバイスが無い

まず躓くのはAppleの機器を持っていない場合。iCloudメールはAppleユーザー向けサービスなので、必ずいずれかのAppleデバイスを持っている必要がある。

デバイスとは、たとえば

  • iphone
  • ipodtouch
  • ipad(mini/Pro)
  • mac(mini/Pro)
  • imac

など。繰り返しになるがApple製品を所持していない場合、iCloudメールアドレスを作成することはできない。必ず何かのデバイスが必要になる。

Appleデバイスが無いが、どうしてもiCloudメールのアドレスだけ欲しい・・・そんな時はipodtouchの中古店で安価なものを買うのがベストの選択。

たとえば、3000円未満で買えるiPodTouchだと楽天ではこのぐらいの数はある。見た目にこだわらず動作すればよいなら1000円台のものさえ見つかることもある。

iOSデバイスが古い

iOSが古すぎる場合もiCloudメールアドレス作れないことがある。セキュリティの認証が行えず、メールアドレスの作成段階まで進むことができない。

どのiOS以降ならメールアドレスが作成できるのか、Appleの公開情報を調べてみたが見当たらなかった。

手持ちの実機で確認したところiphone3GS・・・× ipadmini2・・・〇となっており、最新型じゃなくともよいがさすがに初期iphone類似モデルではだめらしい。

メールアカウント作成時にエラー

メールアドレスを決めた直後に「メール設定中の問題 メールを有効にする際に問題が発生しました。もう一度お試しください。」というエラーが出てしまうことがある。

対処法は、一度サインアウトして再度サインインすること。

まずホームボタン2度押しetcでアプリ一覧を表示させ、手動でアプリを終了する。その後設定(ギアアイコン)からiCloudに進み、最下部のサインアウトをクリックしてサインアウト。

サインアウトしたらもう一度サインイン。

この状態でiCloudメールを作成するとエラーは出てこなくなる。

0 Shares:

You May Also Like