ClickUpのPeopleSideBar(ピープルサイドバー)、Meモードとは

一人ClickUpだとあまり使わない機能、ピープルサイドバーMeモードについて調べ、チェックしていく。

ピープルサイドバーについて

ClickUpは一人でもチームでも使えるタスク管理ソフト。一人だと割と気楽に使えるが、チームで使う際にはタスクのアサイニー(移譲・受け持ち・担当)を把握しておく必要がでてくる。つまりだれがどのタスクを受け持っているかということ。

その受け持ちタスクを確認する方法として、ピープルサイドバーがある。同一ワークスぺース内のユーザーを一覧し、タスク数をバッジ表示するエリアについての機能となる。

ピープルサイドバーを表示するには、各ビューで右上にある「Me横の人物アイコン」をクリックする。画面右端にピープルサイドバーが細く1列で表示される。

アイコン下部にある数字は受け持ちタスク数。緑のはオンライン表示で、オレンジのはゲストマーク。

ピープルサイドバーの機能として、特定の人物のタスクに絞り込むことができるというものがある。自分のタスクだけに絞り込めば、何をすべきかがわかりやすくなる。このモードがMeモードと名付けられている。

https://docs.clickup.com/en/articles/1090506-people-sidebar-me-mode

Everyoneモード

これがデフォルト。すべてのユーザーのすべてのタスクが表示される

ユーザー指定モード

正式名称は不明。ユーザーを指定してタスクを絞り込みできる機能。ピープルサイドバーでアイコンをクリックすることでユーザー指定できる。複数ユーザーの指定も可能。指定したユーザー数が画面上部にバッジ表示される。

上部の「<ボタン」を押すことでピープルサイドバーを広げられる。ユーザー名が表示され、マウスオーバーでProfileへのリンクも。ここからそのユーザーのActivityやカレンダーも確認可能。

Profileをクリックするとそのユーザーの詳細が表示される。

Meモード

Meモードでは、自分に割り当てられたタスクのみが表示される。Meモード時は専用のバーが表示され、より細かく表示タスクの指定ができる。チェックを入れる事で、Assignではなく何らかの関わりがあるタスクだけを表示したりといったことも可能。

Commentsは、コメント割り当てをされたタスク。Subtasksは自分がサブタスクのAssignされたタスク。チェックリストはチェックリスト項目を割り当てられたタスク。

こういった、主ではなく従として関わっているタスクでさえ細かく指定して表示できる。

今後のピープルサイドバーの展開

https://clickup.canny.io/feature-requests/p/me-mode-hotkey

で、ホットキーを計画中のようだ。CEOが計画中とマークしている

0 Shares:

You May Also Like