ロボフォームの「活性化」とは?ロボフォーム8でも必要なのか確認しました。

パスワード管理ソフトの「ロボフォーム」を使うなかで『活性化(かっせいか)』という操作をすることがあります。

この記事では、ロボフォーム独自の要素である活性化について説明していきます。

ロボフォームの「活性化」とは?

活性化とは何か

活性化とは、ロボフォームのライセンスに関わる用語。別の言い方をすればアクティブ化や認証といった言葉が近いと思います。

ロボフォームのライセンスを購入したときに必要となる操作です。

購入したばかりのライセンス自体は、どのアカウントに紐づいているかが未定な状態です。これをロボフォーム運営側から見ると、どのアカウントの使用期限を延ばすのか分からないということになります。

その「ライセンス」をどの「アカウント」に紐づけるのか確定する。これがロボフォームの「活性化」です。

活性化が必要なタイミング

アカウントをライセンスに紐づけるのが活性化。

ということは、活性化が必要なのは

  • ロボフォームのアカウントを新規で購入した
  • ライセンスを更新した

この2つのタイミングとなります。

ロボフォーム8から活性化は不要に

ただ、これはロボフォームセブン(バージョン7)までの話。

こちらで書きましたが、ロボフォーム8からは基本無料になり、エブリウェアだけが有料というライセンス体系に変更されました。

関連記事

ロボフォームは7から8になって、内部的にかなり大きな変化がありました。これによりライセンス周りの全体像がつかめずに曖昧にしている人、オンラインアカウントにログインできなくなり別のソフトに乗り換えた人もいると思います。よくわからないま[…]

そしてエブリウェアはもともとオンラインアカウントであり、そのアカウント経由でライセンスを購入するためライセンスがアカウントに紐づいていない状態は起こりえないこととなります。

つまり、活性化の操作そのものがロボフォーム8からは不要となったということです。

ロボフォームの活性化について まとめ

ロボフォームの活性化について端的にまとめるとこうなります。

  • 活性化は購入したライセンスをアカウントに紐づける仕組み
  • ロボフォーム7まではすべてのプランが有料だったので活性化が必要だった
  • ロボフォーム8からは基本無料になったので活性化が不要となった

 

ロボフォームを全デバイスで使用するには「ロボフォームエブリウェア」にすればOK。

関連記事

この記事ではロボフォームの高機能有料版『ロボフォームエブリウェア(RoboformEveryWare)』について、13年以上のヘビーユーザーである僕がメリットデメリットや特徴を紹介していきます。ロボフォームエブリウェアのメリットは?[…]

最新情報をチェックしよう!