アイキャッチ画像が無くても綺麗に見えるWordPressテーマ(とりあえず3選)

ワードプレスでブログを書くときアイキャッチ画像に時間を取られることはありませんか?

記事の内容に合いそうなフリー画像を探しタイトルを書き入れて装飾してるだけで数十分浪費することもしばしば。このサイトのテーマは今現在「THE THOR」ですが、正直アイキャッチ探しが毎回めんどうです。

みなさんも、アイキャッチがあると読みやすくなることは承知のうえで、それでも文章だけ綴りたいときもきっとあるでしょう。

ですが、ほとんどのテーマはアイキャッチ画像ありきで作られています。ビジュアルが与える視覚への印象は強烈なので、文字だけのテーマは地味すぎると思われがちだからです。

ただ、中にはわずかながらアイキャッチが無くても綺麗に整って見えるワードプレステーマが存在します。

ここではそんなテーマを収集し、更新していきます。

アイキャッチが無くても綺麗に見えるWordPressテーマ

SANSE

海外製テーマです。画像なしでもセンス良くシンプル。統一感があって美しいテーマです。

公式サイトより

公式サイト

DEMO画面

PCトップページ

記事ページ

スマホページ。

画像が無くてもあってもセンスよく整っています。

Hueman

少し前、おそらく2013年頃にリリースされたテーマですが、2019年現在でもバージョンアップされています。

モダンで落ち着いた印象。公式ページやDEMOサイトは画像が多く使われていますが、アイキャッチゼロにしても見やすくわかりやすい導線が構築できました。

カスタマイザーでアイキャッチのON/OFFが出来るので、NoImage記事だらけになることもありません。

WordPress.orgより

公式サイト

DEMOページ

無料版と有料のPro版があります。無料でも相当カスタマイズ性が高いので十分に使えます。

ZERO

おしゃれなテンプレートを多数販売するTCDのテーマ。TCDテーマは僕も別サイトで使っています(「CORE」と「Precious」)。

公式サイトより

公式ページ

DEMOサイト

トップページはこちら。ここの画像はヘッダーイメージぐらいですがそれでもまったく見劣りしません。ヘッダーの要素やメニュー、記事のカテゴリ・投稿日・閲覧数、サイドバーのランキングやタイトルがバランスよくアイコン化されているからです。

こちらは記事ページ。画像右の「ZERO」にはサイトにあった広告を入れればよいでしょう。それを除くとこのページに画像要素はゼロです。それでも見やすいのが凄いです。

スマホの表示はこちら。左のトップページはPC同様のヘッダーとアイキャッチが無い記事一覧。右はアイキャッチ画像と記事内画像を入れた記事ページ。どちらもスタイリッシュ。

このテーマ「ZERO」はアイキャッチが無くてもその他の要素をグラフィカルにしているおかげで、アイキャッチがあろうがなかろうが画面からまったく荒涼さを感じさせません。

むしろ文字だけで綴るほうがすっきりして洗練された印象になってすらいます。デモページのヘッダ画像がアバンギャルドなので20~40代女性向けはもちろん、画像を変えることで多くのテキストメディアにマッチするはずです。

アイキャッチが無くても美しく見えるWordPressテーマまとめ

まとめるほどまだ数がありませんが、一応まとめです。

  1. SANSEはシンプルかつセンスいい海外製テーマ。
  2. Huemanは無料でも十分使えるカスタマイズ性の高いテーマ。
  3. ZERO」はとにかくオシャレな有料テーマ。

ブログで書きたいことがあるんだ!すべての時間で表現したい!という人にとっては画像を探して編集するなど無駄な労力。

アイキャッチ画像が無しでもユーザビリティや美観を損なわないテーマを使えば、その分コンテンツの充実にかかることができます。

ブログの継続がめんどうになる恐れも少ないので、初心者にもコンテンツに集中できるこういったテーマがおすすめです。

 

最新情報をチェックしよう!