MBS(FileMakerプラグイン)でディレクトリ内ファイル/フォルダの一覧を取得する方法

FileMakerプラグイン「MonkeyBreadSoftware(MBS)」で特定ディレクトリのファイルを一覧する方法

わりと頻繁に使用する機能で、このような目的に使う。

  • CSVなどのインポート前にファイルの有無をチェックする
  • ディレクトリ内のファイル数をカウントし、過不足をチェックする
  • FileMakerからデータをエクスポートする際にフォルダの有無をチェックする

インポート前にファイルの有無がチェックできると、ファイルを開く操作をユーザーにさせなくてもよくなり、操作ミスを減らせる。position関数を使えば、ファイル名が一定ではない場合も対応できる。たとえば「12文字かつ先頭4文字が2019で始まるファイル、等。

ディレクトリ内のファイル数カウントは、インポート等の操作をする際、想定のファイル数と実際のファイルを照らし合わせてインポート前に再チェックをするということ。

エクスポートする際のフォルダの有無をチェックするのは、FileMakerではエクスポート時にフォルダを自動生成してくれないため。

MBSのファイルコピー関数ではついでにフォルダを生成するが、FileMakerのエクスポートでは生成しない。

記述例

基本様式

MBS( “Files.List”; Path { ; filter; ExtensionFilter } )

例(FileMakerServer/Windows)

MBS( “Files.List”; “\\xxx.xxxx.xxx.xxx\foldername\filename” ;5)

例(ローカル/Windows)

MBS( “Files.List”; “C:\foldername\\” ;5)

foldernameディレクトリにあるファイルを一覧する。サブディレクトリは除外する

MBS(“Files.List”; “C:\\foldername\\”; 0; “.txt”)

foldernameディレクトリ以下にあるファイルのうち拡張子.txtのものを一覧する

オプションの「5」はサブディレクトリは検索しないという指示
すべてのファイルをレポートするデフォルト値は0
ファイルのみを表示する場合は1
ディレクトリのみを表示する場合は2
表示可能な項目のみを表示する場合は4

参照元

https://www.mbsplugins.eu/FilesList.shtml

QG50112989

たまにアウトプット中。SNSはほぼ放置。誤字脱字・お問い合せがあればこちらからサイト説明

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください