MBS(FileMakerプラグイン)でファイルをコピーする方法

FileMakerプラグイン「MonkeyBreadSoftware(MBS)」で特定のファイルを別の場所に複製コピーする方法です。コピーと同時にファイル名の変更もできます。

目的

特定のファイルを別の場所にコピーする目的は、主に次のようなものです。

  • 元ファイルに影響を与えず活用するため

FileMakerでのファイル管理には自由度的な限界があり、別のソフトで直接ファイルを開きたくなることもあります。コピーしたものを使えば、万一の編集ミスや削除をしてしまった場合でも元のファイルには影響がなくなります。

記述例

基本様式

MBS( “Files.CopyFile”; “C:\foldername\filename.txt”; “C:\otherfoldername\otherfilename.txt”)

元のパスとコピー先のパスを、ファイル名と拡張子まで指定するように記述します。このときにファイル名を好きなものにすることでファイル名の変更も同時に行えます。

フォルダが無い場合は自動的に作られます。

例(FileMakerServer/Windows)

MBS(“Files.CopyFile”; “\\xxx.xxx.xxx.xxx\foldername\filename.txt;\\xxx.xxx.xxx.xxx\otherfoldername\otherfilename.txt”)

例(ローカル/Windows)

MBS(“Files.CopyFile”; “C:\foldername\filename.txt;C:\otherfoldername\otherfilename.txt”)

参照元

https://www.mbsplugins.eu/FilesCopyFile.shtml

最新情報をチェックしよう!