MBS(FileMakerプラグイン)でファイルをコピーする方法

 MBS(FileMakerプラグイン)でファイルをコピーする方法

Kaz / Pixabay

FileMakerプラグイン「MonkeyBreadSoftware(MBS)」で特定のファイルを別の場所に複製コピーする方法です。

コピーと同時にファイル名の変更もできる。

 

記述例

基本様式

MBS( “Files.CopyFile”; “C:\foldername\filename.txt”; “C:\otherfoldername\otherfilename.txt”)

元のパスとコピー先のパスを、ファイル名と拡張子まで指定するように記述する。

コピー先ファイル名まで記述するタイプの処理なのでファイル名の変更も同時に行える。

フォルダが無い場合は自動的に作られる(結構重要)

 

記述例(FileMakerServer/Windows)

MBS(“Files.CopyFile”; “\\xxx.xxx.xxx.xxx\foldername\filename.txt;\\xxx.xxx.xxx.xxx\otherfoldername\otherfilename.txt”)

記述例(ローカル/Windows)

MBS(“Files.CopyFile”; “C:\foldername\filename.txt;C:\otherfoldername\otherfilename.txt”)

※Get(デスクトップパス)で取得する値はC:ではなく/C:になるので1文字目を削除しないとエラーになる。SubstituteやRight関数などで要対処。

 

 

参照元

https://www.mbsplugins.eu/FilesCopyFile.shtml

QG50112989

たまにアウトプット中。SNSはほぼ放置。誤字脱字・お問い合せがあればこちらからサイト説明

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください