FileMakerでMBSプラグインを使い複数ファイルを圧縮する方法

 FileMakerでMBSプラグインを使い複数ファイルを圧縮する方法

FileMakerでMBSプラグインを使い複数ファイルを圧縮する方法

Yahooショッピングなどでは商品画像の登録に「Zip圧縮したファイル」を求められる。地味に手間がかかる作業なので自動化する。

使用する関数

ZipFile.CompressFiles

書き方

MBS( “ZipFile.CompressFiles”; SourceFolder; ZipFilePath; FileList; Overwrite; CompressionLevel )

SourceFolder ・・・ 圧縮したいファイルが格納されているフォルダのパス

ZipFilePath ・・・ 圧縮後のZipファイルのパス(ファイル名も含める)

FileList  ・・・ 圧縮したいファイル名のリスト。パスは含めずファイル名のみを改行区切りで羅列する

Overwrite ・・・ Zipファイルがすでに存在する場合に上書きするかどうか。0:上書きしない 1:上書きする 2:既存Zipファイルに追加する

CompressionLevel ・・・ 圧縮レベル 0:圧縮無し 9:最大圧縮(初期値)

実例

MBS( “ZipFile.CompressFiles“; “C:\Users\Administrator\Documents”; “C:\Users\Administrator\Desktop\test.zip”; “MBSLogo100.png¶test.png¶other.jpg”; 0; 9 )

この場合は「C:\Users\Administrator\Documents」にある「MBSLogo100.png と test.png と other.jpg」の3種のファイルを「デスクトップにtest.zip」として最大圧縮して保存する、となる。

その他役立つ関数

ファイルサイズを取得する

ファイルサイズを取得すると、圧縮後のファイルサイズをコントロールすることができる。Yahooショッピングの場合は25MB(FTPでアップするなら50MB)の制限があるので超えないようにする。

FilesFileSize

https://www.mbsplugins.eu/FilesFileSize.shtml

ファイルを削除する

圧縮に使ったファイルを削除しておくのに使用する関数

Files.Delete

https://www.mbsplugins.eu/FilesDelete.shtml

フォルダごと削除する

圧縮に使ったファイルが複数あるならフォルダごと削除するのが手っ取り早い

Files.DeleteFolder

https://www.mbsplugins.eu/FilesDeleteFolder.shtml

公式ページ

https://www.mbsplugins.eu/ZipFileCompressFiles.shtml

QG50112989

たまにアウトプット中。SNSはほぼ放置。誤字脱字・お問い合せがあればこちらからサイト説明

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください