海外製FileMakerプラグインMBS(MonkeyBreadSoftware)が便利

プライベートのデータ管理から中小規模の事業システムぐらいまでなら、FileMakerで自作してしまうのが手っ取り早くて便利です。

FileMakerはとても多機能なシステム開発ツールですが、かゆいところに手が届かないことも結構あるので、そんなときはサードパーティ製拡張プログラムであるプラグインを使ったりします

このPostでは、海外製プラグインのひとつ”MBSプラグイン”について紹介したいと思います。更新されないことがあまりにも多い日本製プラグインの代わりに、数年前から便利に使わせてもらっているソフトウェアです。

MBSプラグインは小さな操作関係ツールがまとめられたもので、機能は5600以上もあるそうです。ファイル関係や画像操作、FTP、PDFなど。

多機能すぎてまだ1%も活用していませんがこれがかなり便利なプラグインで、一例をあげると次のような機能をヘビーに使っています。

ファイル操作

ファイルのコピー、リネームなど

ディレクトリ操作

ディレクトリの作成、削除など

特定ディレクトリのファイル一覧取得もよく使います。

  • 特定ディレクトリ内にファイルがあればインポート
  • 特定ディレクトリの中にフォルダを作ってそこにファイルをリネームして出力

など

※この辺の詳しいことは後日書くかもしれません

更新の安定性は

プラグインを使おうと検討した際に懸念事項になるのは、やっぱり更新性です。プラグインありきでシステム化してしまうと、もしそれが古くなった時に別のプラグインを適用するのはかなり大変です。

日本のプラグインはあまり更新されないことが多く、「時間があるから」とか「技術力の確認」とか「クライアントの依頼で作ったものをとりあえず公開」など「とりあえず作ってみた」ケースが多いように思います。

FileMakerは1-2年ごとにバージョンアップするので、対応し続けるプラグインの開発は大変だと思いますが・・・
ボリュームライセンスで最新版を使い続けているならなおさら更新性は無視できない要素です。

 

MBSは安定して更新されているか?

もう10年更新し続けているので、ビジネスとしても成り立っていると思います。更新頻度も問題ありません。非常にこまめに更新されています。先日のFileMaker17発売の際には、事前に開発者版で情報を得てすぐにプラグインもバージョンアップしてました。

その点気になるユーザーが多いようで、FAQでも回答されていました。

What happens if Monkeybread Software ceases to exist tomorrow?

(もし明日にでMBSがなくなってしまったらプラグインはどうなる?)

Well, we all hope this will not happen and we make plugins for at least another decade.

All licenses are perpetual. Although some people buy them like a subscription and renew each year, the individual license key will unlock the plugins with the matching release dates permanently.

So when you have a combination of FileMaker, OS and MBS Plugin, which works today, it is very likely, that it will work in a few years unless something big changes. We can’t predict whether the plugin works on a future FileMaker version or is compatible with a future OS updates. It is possible, that some functions may break, but with over 5000 functions, you may never notice.

If Monkeybread Software ceases to exist tomorrow, you probably have a few years to look for replacements to the features you use.

Nevertheless, we make plans for succession and another C++ developer could take over the project and make fixes for you if needed.

リスクヘッジの究極型は自社で対応できるようになることですが、それは無駄が多すぎるので費用とのバランスで。

https://www.mbsplugins.eu/

最新情報をチェックしよう!