FileMakerで1行目にフィールド名を入れてCSVエクスポートする方法

FileMakerでエクスポートするCSVデータの1行目にフィールド名を入れる方法の備忘録。

CSV形式のファイルをFileMakerからエクスポートした場合、1行目からいきなりレコードのデータが入ります。しかしこれでは都合が悪いこともあります。受付側プログラムの仕様によっては、不具合がある恐れがあるためです。

よくある受付側プログラムの仕様としてはこのようなものがあります。

  • 1行目から実データを入れる(フィールド名は不要)
  • 1行目には項目名を入れる(項目名=フィールド名が必須)
  • その他

受付側プログラムはいじれないことも多いうえにたいていは制限がありますので、柔軟な運用ができるFileMaker側でそのあたりの調整ができると便利です。

SVデータの1行目にフィールド名を入れる方法でよく使うのは次の2つだと思います。

方法1. CSVではなくMarge形式で書き出す

Marge形式はフィールド名を1行名のデータとして書き出す方法。シンプルに「項目名付きのCSVデータを書き出したい」ならこの方法を取ることが多い。

方法2. 別テーブルにインポートしてからエクスポートする

エクスポート専用のテーブルを作り、毎回「全レコード削除→エクスポートするデータ登録」をしてからエクスポートする方法。

やり方のポイント

1行目の項目名はスクリプトで入力するか、削除せず使いまわす。

メリット

  • 項目名が2行以上になっても対応できる
  • データ部分に当たる行ごとのソースが異なっていても対応できる
  • 項目名を自由に決めることができる

手間はかかるが、汎用性が高い方法

最新情報をチェックしよう!