BIGLOBEモバイル格安SIMタイプA(au回線)3GBプラン9か月使用後のレビュー

Biglobeの格安SIM(au回線のAタイプ)を使い始めて2019/6月で10か月近く経過しましたので、このSIMプランが実際はどんな感じなのか振り返りレビューしてみたいと思います。

結論から言うと、何の不便さも無く支払いが5分の1以下になっただけという予想以上の結果に。

ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリア全部使ったことありますが、使い勝手なんてどれも大差ないもの。それで月8000円とか1万円とか払っていたのが信じられない気分です。とはいえ乗り換え前はやっぱり情報収集は念入りに行いました。大手キャリアの安心感から出ることに不安感があったからです。でもそれは杞憂でした。使い方にもよるでしょうがほとんどの人は僕と同じように格安SIMでまったく問題ないはずです。

やらないと損することの一つが格安SIMだと断言しても良いぐらいです。スマホ代毎月毎月高いな~・・・と思われているなら今すぐ検討されることをおススメします。

格安SIMならBIGLOBEモバイルがおススメ

僕はいまBiglobeタイプAの3GBタイプを利用しています。基本料はたったの1600円+税です。

数多い格安SIMからBiglobeを選んだ理由はいくつかあるものの、最後の一押しは値段でした。価格だけ見れば最安ではないけれどキャンペーンがあって、スマホごとSIM変更できるのがタイミング的に都合よかった。

といってももちろん使い勝手が極端に落ちるリスクがあることは予想できました。でも最悪でもエンタメフリーとか電話かけ放題とかオプションがあるので、たいていの不安要素はオプション追加でクリアできるだろうと見込んでの変更です。そして何をオプションで付けても高額なキャリア料金を超えることは無いな、と判断したことも覚えています。

Biglobeモバイルのプランについての不満は

今の契約は音声付SIMプランです。音声通話があるので電話も問題ないし、SMSもあるので友人とのやりとりも変わらず行える。銀行系サイトのSMS認証もクリア。

もちろんデータ通信も出来るので、毎日スマホを活用してるけど格安SIMであるデメリットは今のところ感じません。

よく電話を使う人なら

僕は電話頻度がそこまで高くないので契約はしませんでしたが、電話頻度が高くても通話関連のオプションがたくさんあるのできっと合うのが見つかるはず。家族との頻繁な連絡でも毎日何十回もやりとりする仕事打ち合わせでも問題なく使えるでしょう。

Biglobe電話の通話オプション
Biglobe電話の通話オプション

引用:かけ放題と通話パックが選べる https://join.biglobe.ne.jp/mobile/option/bigtel.html

よく動画や音楽をかける人は

エンタメフリーオプションという、下記サービスすべてが通信料にカウントされない太っ腹な追加オプションがあります。

Biglobeの動画関連の使い放題サービス対象のもの
Biglobeの動画関連の使い放題サービス対象のもの

引用:Biglobeエンタメフリーオプション https://join.biglobe.ne.jp/mobile/option/entamefree.html

エンタメとはいいつつ要は動画や音楽が対象なので、通勤中にガッツリ英語勉強したりもできます。人によっては使う容量のほとんどが動画でしょうから、もしかすると3GBプラン+エンタメフリーオプションで事足りてめちゃくちゃ節約になる人もいるかもしれないですね。(エンタメフリーオプションは3GBプラン以上から申し込み可のため)

プランごとの月額通信容量は

Biglobeの通信量
Biglobeの通信量

通信量3GB/月のプランを契約しているものの、僕の毎月の通信量は1.5GB程度。余った分は翌月に繰り越せるし、BIGLOBEは容量がシェアできるのでそのうちタブレットにもSIM入れて外に持ち出せるようにする予定なのでちょうどいいぐらいです。

もちろん、家族と分け合うというのもアリです。BiglobeではSIMカードを最大4枚追加して5台で容量シェアをすることが出来ます。

Biglobeモバイル格安SIMの容量プランはこうなっています▼ 赤線の3GB+音声+SMS+データが僕が使っているプラン。黄色は割と多めにスマホを使う人におススメできるプランです。

プラン種別音声+SMS+データSMS+データデータ
1GB1400円
3GB1600円1020円900円
6GB2150円1570円1450円
12GB3400円2820円2700円
20GB5200円4620円4500円
30GB7450円6870円6750円

※データ追加チャージは 100MBごとに300円

BiglobeのSIMは遅いのか?回線速度について

この点は後からのオプションでも補えません。やってみるしかわからない部分でもあります。結論から言えばこれも杞憂で、今のところ速度に関しても特に不満無く不便もありません。タイプA回線のユーザーが増えると遅くなるかな、と思ってましたがそんなことはなく快適なままで、むしろ逆に5月に回線増強されたみたいなのでもっと早くなりそうです。

日本有数の観光地、京都の嵯峨嵐山付近で平日測ってみましたが下り30Mbps(!)も出ました。これはさすがに出来すぎだと思うので割り引いて考えてください。普段はWiFiで30M、モバイルで数Mbps程度が平均値というところです。

BiglobeSIMの速度計測

BiglobeSIMの速度計測

 

Biglobeの悪評は?

契約前は評判について少しだけ心配していました。よほど悪い点があるのではないかと、、、。実際に使ってみると、不便だったのは公式アプリで広告が多いぐらいです。あと月額料自体が安いのでGポイントというポイントサービスがちょっとずつしか貯まらない点も。

と言っても、アプリはまれにしか見ないしGポイントは使わないしで割とどうでもいい(たまる人でも1年使用して数百円とかだと思う)点ですが、貯まった分は無駄なく使いきれます。

今日見たら272Pたまっていたので月額料の割引に使いました。

1P単位で使えるので全く無駄がなく、気付いたらちょっと貯まっているラッキーなおまけのようなものです。

電波のつながり具合は?

繋がり具合も問題ないと思います。超都会にもド田舎にも行かない地方都市生活の僕ですが、行動範囲でau回線が入らないところは今のところは無いですね。スマホによるのかもしれないですが、Wifiからモバイル通信に切り替わっても、電波もすぐ拾ってくれます。

実はこの電波の切り替えが以前とは全然違ってスムーズすぎて、SIMカード乗り換え当初にうっかりミスをしたことがあります。Wifiと勘違いしてモバイル通信でYoutubeを延々とみてしまい1日で容量3GB全部使い切った、というスマホ初心者みたいなミステイク。その日からしばらくは多少不便でした。ちゃんと注意しておくかエンタメフリーオプションに入るかするとこんなミスもなくせます。もしミスっても追加容量をピンポイントで購入すれば問題なし。

その後は特にうっかりミスもなく、平均して1.3~2GB程度の容量消費です。プラン内に十分収まり、快適にBiglobeを使っています。そういえば、契約してから1年弱の間で解約を考えたことは1度もありませんでした。

まとめ

iphoneが出てから今まで8年ぐらい大手キャリアでの契約をしてましたが、はっきり言って無駄金を払い過ぎだったと悔やまれます。

安く見積もって月額8000円ぐらい払っていたので、¥8000×12か月×8年でトータルの支払額は¥768.000。

Biglobeの今のプランなら8年で15万ちょっとぐらい。その差なんと60万です。

海外旅行に行ったと仮定すると、台湾・シンガポールで5万*2、オーストラリアで10万、フィンランド25万ぐらいでお土産買ってもまだ余る計算に・・・。

もちろん当時は格安SIMなんて無くて狸の皮算用に過ぎませんが、今後は人生を充実させるために使うべきところに賢くお金を使っていきたいです。というわけで、この格安SIMは家族も親友にもおススメできます。

 

BIGLOBE mobile


最新情報をチェックしよう!

スマホカテゴリの最新記事