ASUS WiFiルーター:ファームウェアが更新できないときのレスキューモードでのアップデート手順

ASUSのWiFiルーター、AX92Uが管理画面からファームウェアアップデートできない。ASUSサポートは返事が来ないので仕方なく自力でレスキューモードを試してみることに。

管理画面からの1ボタンファームウェアアップデートはチェック・実行ともに何度おこなっても失敗する状態が続いていた。ダウンロードしておいたファームウェアを手動でアップしての手動更新もしかり。最終手段としてレスキューモードで行った記録。

レスキューモードのでのファームウェアアップデート手順

公式サイトで掲載されていたAX920の手順を参考に行ってみる。ただし機種違いによるものか、異なる部分がいくつかあった。

準備から完了までの流れは下記の通り

  1. 機種に合うファームウェアをダウンロードしておく
  2. ユーティリティをダウンロードしておく
  3. ルーターをリセットする
  4. ルーターとPCをLANで直結する
  5. PCのIPアドレスを192.168.10.Xに変更する
  6. ユーティリティを起動する
  7. ファームウェアアップデートを行う
  8. アップデート完了後ルーターの電源を切る
  9. ルーターを元通りに配置する
  10. PCのIPアドレスを元に戻す

説明と感想

ファームウェアはASUSサポートサイトからダウンロードしておく。時間帯によってはサポートサイトが込み合っていてダウンロードできないことがある。

該当製品の「ドライバーとツール」から。

ファームウェアのファイル名は「FW_RT_(型番)_XXXXX.zip」となっている。

ユーティリティはいくつかあるので、レスキュー用のプログラムをダウンロード。ファイル名は「Rescue_VXXXX.zip」となっている。

場合によっては「すべて表示する」などしないと昔のプログラムが表示されないかもしれない。

ルーターはリセットボタンを押しながら電源ボタンを押し、ランプが点滅しているのを確認する(レスキューモード)。

ルーターのLAN(WANではない)ポートにPCと直結するようにLANケーブルを指す。

PCはIPアドレスを手動で192.168.10.Xに変更する。Xは常識範囲内でなんでもよい。

レスキューユーティリティを起動し、ダウンロードしておいたファームウェアを選択してアップロードする。

マニュアルではランプが緑と紫に点滅すると書かれていたが、AX92Uでは点滅すらしなかった。

アップデート完了したとのメッセージも出ないが、進捗が100%まで到達したら完了。電源を切る。

ルーターを本来接続すべき場所に戻す。ルーターとしてならONU直下など。アクセスポイントして利用するならルーター直下かスイッチングハブに繋ぐ。

PCのIPアドレスを元に戻す。ルーターの電源を再度ONにする。

これでルーターにアクセスできるようになった。その際のルーターIPアドレスは手動で設定していたときのままになっていた。ファームウェアが変わっても引き継がれるようだ。

Ver364→Ver346にアップデートすることが出来た。その後は管理画面からのファームウェアアップデートのチェックも正常に機能しているようだ。

0 Shares:

このサイトをご覧の方へ、限定の紹介プログラム

You May Also Like