AmazonPay・楽天ペイ導入したがクレカ決済が分散しただけだった

 AmazonPay・楽天ペイ導入したがクレカ決済が分散しただけだった

関わっているECサイトで、AmazonPayと楽天ペイを導入。

利用されている割合を調べてみた。

 

母数は268件。全然十分ではないがとりあえずの結果と割合をシェア。

AmazonPay 92件 全体の34.3%

楽天Pay 28件 全体の10.4%

クレカ 90件 33.5%

その他 58件 21.6%

※その他(銀行振り込み、代引き、後払い)

 

一般的にクレカ利用率は60~70%程度と言われる。自サイトでのAmaPay楽Pay導入前の割合もその程度。

それがほぼ楽天ペイとAmazonPayに分散した。

ゆえに、「導入すれば顧客が増える」ということは無かった。少なくともこのサイトでは。

顧客登録が面倒な層がこれらの決済方法に流れただけのようだ。

割高な決済手数料や月額基本料などのコストを考えると、必ずしも多くの決済方法を用意するのが正解とは言えない。

QG50112989

たまにアウトプット中。SNSはほぼ放置。誤字脱字・お問い合せがあればこちらからサイト説明

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください